空を見てみよう

上手くいかないことがあると、
自暴自棄になって「どうなってもいい」とか
そんな風に考えることないですか?

前のわたしはけっこうありました
明るい未来なんて思い描けなくて
そこにある現実を壊し始める

今思えば「アホなことやってたなー」です
まぁ今でもたまに顔を出すことがありますが

対処の仕方が分かっているので
困ることもありません

 


負の螺旋

人の考えは、
ある程度バランスがとれているものです

これが何かをきっかけに、
バランスを崩すことがあります
自暴自棄になるのも似たようなもんで

わたしの過去を思い起こすと、
こういう時は決まって、
好ましくない物事を拾い集めてました

自分にとって良いか悪いか
ここで悪い方を過大評価するんですね
自分が罰されているような、
ねじれた考えもありました

結果として、
人生の暗い面ばかりが目につきます
希望が持てなくなって、
何を見ても否定されているように感じる
こうしてどんどん暗くなっていきます

負のスパイラルです
「どうなってもいい」という思いは、
そんな螺旋の先にありました

 


現実は自分が作っている

さてそれでは、
本当に現実はそんなに暗いものでしょうか?

渦の中にいると見えなくなりますが
わたしの場合は今思えば、
好ましい部分だって同じくらいありました

多少旗色のよくないことは現実にあります
それと同じくらい、
旗色のいいことだってある
「圧倒的アウェイ」なんてそうありません
全て一色に塗りつぶされることはないのです

好ましくない部分ばかり拾って
自分の人生を暗くしているのは、
他でもない自分でした

 


人は今から変われる

暗い人生を歩むか、
明るい人生を歩むか
これは自分で選ぶことができます
「こうしよう」と思えば、
人は今から変われます

もちろん人ですから、
スイッチ1つで変われるわけじゃありません
進んでは引き戻される
そんなことが続くかもしれません

でも変わる気持ちがあって行動を続ければ、
いつか逆転する時がきます

それはわずかな変化ですが
「そう言えば最近暗いこと考えてないや」
とある時気付く
そんな感じです

自分の意志で変わった人は、
その道筋が分かります
道筋を知っていればまた辿ることができる
囚われることがあっても、
恐れる必要がないと分かるのです

 


まとめ:空を見て行こう

何年乗らなくても自転車に乗れるように
考え方も一度身につければ、
その後もずっと強力な武器であり続けます

そりゃ膝をつくことはあるかもしれませんが
目の前が真っ暗というわけでもなくて
今までの人生を切り抜けて来た実績もあって
どうして今が切り抜けられないでしょう?

人生ってめんどうなことも起きるけど
投げ出したくなることもあるけど

物事はそう悪くありません
「どうなってもいい」もありません
周りはあなたがいなくなると寂しいです

だからたまには上を向いて
空を見上げるのも気持ちいいものよ?
そう思うのです

f:id:ichapy:20200226191338j:image

 

 

 

 

尊敬や感謝や愛情が足りないと感じることの意味

 

「尊敬が足りない」
「感謝が足りない」
「愛情が足りない」

こんな言葉を聞くことはよくありますが
変だよなぁと思います

 


求められて向けられる?

先に挙げたような言葉
自分で思っちゃうことも、
実はけっこう普通にありますが

誰かから自分が求められたとして
尊敬なり感謝なり愛情なりを、
自然に湧き上がる形で向けられる?

わたしはちょっと難しいです
それどころか逆
めんどくさいなと思います

まあ尊敬も感謝も愛情も
言われて意識して向けること、
不可能とは思いませんが

これって自然に湧き上がるから、
意味があるんじゃないでしょうか
これは他人も大差ないでしょうから、
言われると変だと思うのです

だから最低限自分では言わないように、
気を付けています
求めて向けられたとしても、
たぶん満足出来ないと知っていますし

 


感じているのは寂しさ

足りないと感じているのが誰かと言えば、
それは言っている側です
だから上で挙げた言葉の本当の意味は

「もっと尊敬してほしい」
「もっと感謝してほしい」
「もっと愛してほしい」

分かりやすいですね
だから他人に対して、
尊敬や感謝や愛情の不足を感じるなら

そこにあるのは、
自分が「そうしてほしい」という気持ちで
「自分が寂しく感じる気持ちが大きい」
ということになります

 


気持ちの伝え方の基本

自分が感じる寂しさを相手の不足と表現して
上手くいくもんでしょうか?

責められて相手の言うことを飲んだとすれば
そこにあるのは罪悪感です
罪悪感から出た、
尊敬や感謝や愛情のようなもの
そこにどんな意味があるでしょう?

「誰かのせい」と表現した時点で、
それは相手への攻撃になります
相手は反発するでしょう

自分が寂しく感じるのなら、
「自分が感じている」寂しさを、
伝える必要があります

今自分が感じていることは、
「誰か」に「感じさせられたこと」じゃない
「自分」が「感じていること」です

だから伝えることがあるとすれば、
「あなたの言動から自分はこう感じている」
という内容でしょう

 


まとめ:素直に話してみたら?

強くなきゃいけないとか考えてると、
伝えるのは難しいかもしれませんが
人は弱いもので、
誰かに迷惑をかけて生きているものです

話してみてもいいんじゃないでしょうか?
近い関係の人なら聴いてくれます
近いはずの人が聴いてもくれないなら
そんな関係は、
考え直してもいいんじゃないでしょうか?

尊敬や感謝や愛情が足りない
そんな風に相手を責めるのではなく
自分の感じることが、
こころの求めを教えてくれるから

そう思うのです

f:id:ichapy:20200214053752j:image

 


 

放置は最良の選択とは言えない

気になっていること
そのままにしていると、
いつかはそこに起因したことが起こります

リスクを考えたとき
放置も立派な選択肢の1つですが
何かあったときに、
それでいいと思える?

長く使っていた眼鏡に、
そんなことを改めて教わったお話しです

 


気になっていたこと

その昔
「眼鏡は顔の一部です~」
なんてCMがありましたが

ずっと使っていたラウンドの眼鏡
しばらく前から見えづらさと緩さが、
気になり始めていました

近くも遠くも見えづらくなってきたし
汗かいてなくても下を向くと落ちてくる
レンズの傷も目立ってきました

近くが見えないのは老眼ですから、
これはまぁ仕方ないとして
遠くが見えないのは困ります

免許の更新もしなきゃいけないから
どうしたもんかな?と思っていました

 


酔っ払って眼鏡落としました

お友達に髪の毛をカットしてもらって、
焼酎をだいぶ飲んでの帰り道
ミョーに視界がボヤケると思ったんですが

気付いたら眼鏡がない
荷物の中にもない
周りにも落ちてない
頭の上にもポケットの中にもない
どこにもありません

たぶんどっかで滑り落ちたんでしょう. . 
今の視力に合う眼鏡は家にもありませんし

翌日思い切って、
新しい眼鏡を作ることにしました

最近ドラマにもなっていたようですが
前に読んだ『破天荒フェニックス』、
思い出してOWNDAYSを探しました

ありましたありました
今はけっこう店舗も増えてるんですね
早速好みのタイプを探して視力をチェック

レンズの在庫もあったので、
待ち時間を入れて1時間くらいかな?
すぐに眼鏡を手に入れることができました

 


放置はどこまで有効か?

気になったことにすぐ対処せず放置
わたしけっこうやっちゃいます
めんどくさいのが理由ですが
これは一定のリスクとコストを伴う行為です

放置しておくことで避けられるコストと、
放置で生じるリスクとコストと

わたしの眼鏡の例で例えるなら、
滑り落ちてくる眼鏡にイラついたり、
落として傷付くことを心配したり
免許証更新で考えてしまったことは、
放置することで生じたコストです

トラブル発生でぼやける視界は、
状況によっては大きなリスクですよね

新調した眼鏡は¥18000くらいでしたが
早めに判断を下していれば、
放置によるコストやリスクはなくなります

もちろん一時的な出費は抑えられますが
あんまり割のいい選択じゃありませんね
放置もほどほどに、
ということを痛感しました

 


まとめ:眼鏡さんありがとう

無くなってみて分かる有り難さ
眼鏡は分かりやすい部分ですね

どこかでトラブルにあって、
もっと困る状況に陥る可能性もある
むしろこんなもんで済んで、
運が良かったと考えた方が良さそうです

なくした眼鏡は探してみましたが
届け出はありませんでした
長く使ったお気に入りではありましたが

感謝してさよならです
長い間ありがとう
そう思うのです

f:id:ichapy:20200213071608j:image

 

 

 

 

みんなダメなんかじゃない

「みんなダメなんかじゃない
だからあなただってダメじゃない」
わたしの届けていきたいことの1つです

 


ダメだったわたし

わたしは小さい頃から、
「こうじゃなきゃいけない」
の多い生き方をしてきました

いい子じゃなきゃいけないとか
男の子はこうじゃなきゃいけないとか

大きくなってからも、
理想的な「当たり前」の人生を想定して、
そこから外れちゃいけない、
期待に応えなきゃいけない~とか

その通りにできるなら、
それでも良かったのかもしれませんが

わたしは足りない自分ばかり数えていました
だからできない自分、
ダメな自分が積み重なって、
「そうじゃない自分には価値がない」
という鎖に縛られることになりました

トランスした時も同じ
「こういう生き方で、
幸せになんてなれるはずがない」
自分で勝手に決め付けて

自暴自棄になって好きだった人を諦めたり、
ケンカしたり
自分なんて早く死ねばいい
おかしな話ですが
本当にそう思っていました

 


みんなダメなんかじゃない

なんでか幸せになれない人生
ダメな自分

作っていたのは誰かと言えば
今は考えるまでもありません
自分だったと思います

人生は自分の思うようになるものです
こうだと思えばその通りの現実がやってくる
変わろうと思えば今から変われる
そんなもんです

わたしが変わったのは、
京都の土肥いつき先生に、
言葉をもらった時でした

「どないな生き方かて幸せはある
居場所だってある
せやさかい心配せんでええんで」

わたしは誰かに、
「どんな自分でもいいんだ」って、
言って欲しかったんだと思います

「自分はそれでいい、
ダメなんかじゃないんだ」
ここがキッカケでそう考えるようになって
今は毎日いい人生を歩んでるなと思います

それでわたしは、
受けた恩を誰かに受け渡したくなって
怖かったのも押し切って、
オーディションへの挑戦を決めたのでした

 


落選者は気楽

まあそれでも予選で落ちちゃいました
本選は1/19に場所は新宿文化センターで
どんなもんかと見てきましたよ

落選者なんて気楽なものでして
自分の持つものと本選出場者の『違い』とか
場がどんな反応を返しているか?とか
そんなのもよく分かります

わたしがダメだったわけじゃないんですよね
大切なのは、
何を自分が受け取るかです
受け取るものも自分で決められるのですから

翌日には、
わたしと同じくオーディションに挑戦した、
山田トモミさんがイベントを開きました

講師オーディションへの挑戦にあたって、
挑戦者は力を注ぎました
それなのに落選すると話す機会もないわけで
そりゃあまりにももったいない

それなら機会を作るから、
1人およそ5分の時間で話してみない?
オーディション挑戦者もそうでない人も、
話したい人は集まれ!
そんなイベントです

こちらがわたしにとっての本当の舞台でした
繰り返し練習して、
自然に話せるようになってますから
気負わず話してきました

 


まとめ:積み重ねは裏切らない

積み重ねたものは自分を裏切りません
わたしはこのオーディションへの挑戦で、
自分の核にあるものに気付き、
1つの表現を手に入れました

「みんなダメなんかじゃない
だからあなただってダメじゃない」

先にあるのは、
わたしの言葉を聴いた誰かが、
その先の誰かに話していってくれることです

すぐには見えないかもしれないけど、
積み重ねていこう
そうすれば誰かがどこかで

そう思うのです

f:id:ichapy:20200205164611j:image

 

 


イベントお知らせ

山田トモミさん主催のスピーチイベント
2/22の土曜日にも行われます
参加費は¥100
会場は新宿NPO協働推進センター
13:00開場の13:30スタートです
https://facebook.com/events/772393426520614/

わたしも参加します
みんなのお話を聴いてみたいという方
自分も話してみたいという方
よかったら参加してみませんか?

 

カミングアウトの余波

少しブログに書くのが遅くなりましたが
お正月は田舎に行ってきました
毎回起こる父とのすれ違い、
今回も起こりました


去年の夏のこと

9月に『OUT IN JAPAN』で写真を撮るし、
講師オーディションの挑戦も決めていたから
わたしは夏に自分のことを父に話しました

細かい言葉までは覚えてませんが
「男性として生きることをやめて、
男性と女性の真ん中の生き方を選んでいる」
そんな風に話したと思います
トランスジェンダーとかLGBTとか、
分かりにくい言葉は使いませんでした

両親は、
特に父はいちばん話せなかった人です
カミングアウトっておかしなもので、
身近な人になるほど話しにくいものです
拒絶された場合の痛みも、
より大きなものになりますから

父は昭和の価値観の人ですから、
受け入れがたい部分もあるでしょう
厳しい反応を予想しましたが
結果は心配するようなこともなく、
穏やかな様子でした

その時は話せたことが嬉しかったから、
ブログに書いたり友達に話したりして
ホッとして、
胸のつかえが取れたのを覚えています

 


余波

11月頃から安定しているとは言えない印象を
父から受けていて
なんだろ?と思ってましたが

今回分かりました
父はわたしの話を全く覚えていないのです

わたしは伝わったと思っているから、
写真やNHKで報道された様子を送りました
それがショックだったようで
ずいぶん悩んだようです

「お前はそんな話しはしていない」
と言われました

 


思うことの変化

わたしから見た事実は、
「わたしが話したことを父が覚えていない」
父から見た事実は、
「わたしが話していない」

いくら話しても平行線でしょう
ここは伝わらなかったと思う他ありません
最初はキツいなと思いましたが

人によって見える事実は違います
見たいものを見て、
見たくないものは見ない
あるいは見えないのが人でしょう

わたしもしつこく確認したわけじゃないし
伝わりやすい話し方をしたとは、
言えなかったかもしれません

時間はかかりましたが
「そんなこともあるかなぁ」と、
少し落ち着いて感じられるようになりました

 


まとめ:覚悟を持って生きよう

前のわたしが両親に話せなかったのは、
簡単に言えば信じなかったからです
たとえ父親が受け入れなかったとしても、
そういう相手を受け入れる覚悟は、
わたしにはありませんでした

行き違いはありましたが
今の父はわたしの生き方を、
父なりに受け止めようとしてくれています

わたしが抱えていたトランスへの偏見は、
半分くらい家で形作られたものです
父の中にも同じものがあるはずですから
楽ではないかもしれませんが

何とかできるのは自分のことだけです
他人のこころはどうすることもできません

他人のどんな反応も受け入れる覚悟は、
自分が選んだ生き方への覚悟でもあります
これからあとどのくらい、
自分が生きるのか分かりませんが

覚悟を持って生きよう
そう思うのです

f:id:ichapy:20200131235330j:image

 

 

 

 

 

趣味の話:x280のHD-TN液晶をFHD-IPS液晶化してみた!


f:id:ichapy:20191224214529j:image
Thinkpadの面白さ

3年前くらいから、
LenovoThinkpadを使っています
あんまりお金に余裕がある訳でもないから、
中古でx230を買ったんですが

これがわたしのツボにはまりました
Thinkpadは保守マニュアルがしっかりしてて
バラそうと思えばバラせちゃう
パーツの交換だって、
その気になればできちゃうんです

と言うわけでわたしのx230は、
キーボードをバックライト付きにして、
システムボードはcore i7のものに交換して、
液晶もIPS液晶にして、
500GBのSSDとメモリ16GB積んで
今でもガンガン働いてくれてます

 


x280買いました

とは言うものの、
x230はもう6年前の機種です

cpuが第3世代のcore i7 3520m
省電力化される前だからパワーはあります
第6世代あたりなら見劣りしないくらい
でも第8世代になるとコアの数が倍
さすがに敵いません

加えて言うなら1.5kgと、
少し重いんですよね

というわけで2年ほど前の機種、
x280の中古を買いました
cpuは第8世代core i5の8350U
メモリはオンボードの16GB
ここは後から変更しにくい部分なので、
性能の悪くないものを選びました

弱点は解像度がHD(1366x768)で、
TN液晶を使っているということ
x280はより高解像度のFHD(1920x1080)、
液晶も発色がよく視野角の広い、
IPS液晶を選ぶことができます

もちろんTN液晶のままでも使えますが、
IPS液晶の快適さはx230で知っています
目への負担も違いますし、
交換してFHD化することにしました

 


面倒な問題

調べてみるとx280の液晶は、
同じものでも2種類あることが分かりました
端子接続部位が画面下側中央のものと、
右側に寄っているものがある

これは開けてみないと分からないらしいので
テストを兼ねてやってみましたf:id:ichapy:20191224214729j:image
画面の下側角から開けていくと、
比較的ムリがありません
f:id:ichapy:20191224214837j:image
はめ込みのツメを折ってしまわないように、
カードを使って慎重に開けていきます

f:id:ichapy:20191224214937j:image
わたしのx280は右寄りタイプですね
FRUってのが管理番号です
04X0324
これと互換性のある液晶なら使えるはずです

https://yuutosi.net/post-789/
ここを読むとLP125WF2-SPB2です
この時点ではAmazonで¥5800が最安でした

海外から買えばもう少し安いのもありますが
かかる時間とトラブル対応を考えると、
たいしたメリットではありません
f:id:ichapy:20191224215218j:image
早速購入して挑戦です

 


交換はカンタン

1.内蔵バッテリーを切る
スタート時に出てくる『Lenovo』の画面
ここでEnter→F1でセットアップ画面へ
Config→Power
→Disable Built-in Battery→Yes

2.ベゼルとトップカバーを外す
まずトップカバーからベゼルを外します
ベゼルの素材が柔らかいプラスチックなので
プラスチックのカードなどを使います
金属製の工具は、
ベゼルを傷付ける可能性が高いでしょう

液晶がベゼルに貼り付いているので、
これも並行してはがしていく必要があります
はがす作業は慎重に 
柔らかいとは言えベゼルが薄くて怖いです

液晶はトップカバーとも貼り付いていますが
ベゼルほど強力ではありません
ゆっくりはがしていきましょう

3.液晶を外す
ベゼルと液晶が本体と別になったら、
端子をとめているテープをはがして、
金属のクリップを外して、
端子を外しましょう

f:id:ichapy:20191224215610j:image
金属のクリップに気付かないで引っ張ると、
断線の危険があります
ケーブルも買えなくはありませんが、
慎重にいきましょう

4.液晶の取り付け
逆の手順で端子をつなぎ、
ベゼルをはめ込んだら完成

「ケーブルも交換する必要がある」
という記述を海外のフォーラムで見ましたが
同じ30pinなのでそのままいけました

解像度変更への対応も、
パソコンが勝手にやってくれて
起動したらちゃんとフルHDで表示されました

1でオフにした内蔵バッテリーは、
電源につないで起動すればオンになります
特に設定し直す必要はありません

実際の作業は1時間かからないくらいかな?
難易度はそう高くないと思います

 


まとめ:いろいろできると面白い

マルチタッチ液晶はムリっぽいですから
あとできそうなのは、
指紋認証追加とトップカバーの交換
キーボードの英語化でしょうか

指紋認証機能追加は、
パームレスト指紋認証カードとケーブル
トップカバー交換は非タッチFHDのカバー
キーボードは英語キーボード
それぞれ購入する必要があります

指紋認証はx230の頃よりよくなってるみたい
トップカバーはカーボンファイバーで、
替えれば140gくらい軽くなります
キーボードはx230が英語キーボードなので、
できれば揃えてしまいたい

これからお世話になるx280
カスタムの余地はけっこうあるから
ぼちぼち楽しんでいこう
そう思うのです

 

 

 

 

 

往く季節に思うこと

訃報を聞いて思うこと

お友達の妹さんが亡くなったと聞きました
わたしとそう変わらない年齢だったから、
命の儚さを思います

暑さ寒さの厳しい季節って、
身体にも相応の負担がかかります
急激な温度差によるヒートショックは、
わたしにも経験があります

亡くなるお年寄りが増えるのもこの季節
独り暮らしの我が身を顧みると、
他人事ではないなと思いますし
自分の行動も、
「こうしていこう」というものが出てきます

 


近い人ほど出るワガママ

近い人になるほど顔を出すワガママ
「こちらのこと分かるんだから、
こうしてくれたらいいのに」

肝心なことは伝えもしないで、
分かることだけを求めちゃう
ヒント無しでクイズを出されるようなもので
相手はたまったもんじゃありませんが

好きな人とぶつかるのは、
たいがいこんなのが原因だと思います

こういうことをしていたら、
きっとどちらかが死んだ時後悔するでしょう
いくら言い訳をしようと、
その状況に精いっぱい当たっていたとは、
到底言えないのが分かるからです

 


後悔したい?

だって仕方ないじゃん
わたしはよくそんな風に言っちゃいます

できなかったことを、
いつまでも抱え込むくらいなら
自分が精いっぱいやったと言えるなら、
それでいいと思うからなんですが

自分の行動を放棄して、
相手に責任を押し付けるような
精いっぱいやることからの逃げである
「仕方ない」

これは後悔に囚われる可能性が高くなります
自分が精いっぱいやってないことは、
自分が知っているからです

まあ過ぎたことは、
いつまで後悔したところで意味がありません
次同じような状況になったとき、
同じ結果を起こさなければそれでいい
今までそんなことがあったのは、
『仕方ない』のです

人間は未来を作れる存在ですから、
今から未来を作ればいいのだと思います

 


まとめ:人は往くものだから

自分も好きな人も例外なく、
いつか命を終える日が来ます
それは今日かもしれないんですよね

大きな災害がなくたって、
交通事故や病気がいつ襲ってくるかは、
全く予測できません

目の前の人も自分も、
限りある命を生きているから
だから今この時が輝きます

相手と自分を大切にするためにも
今を精いっぱい生きて
言い訳をして自分から逃げないようにして

目の前の人に、
まっすぐ向き合っていこう
そう思うのです

f:id:ichapy:20191216065033j:image