読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不幸探しはバカバカしいぞ

傷付く原因探して、
積極的に見に行って
見つからないと疑って、
見つかれば落胆して、
楽しかったはずのことも灰色にする
バカバカしいと思いませんか?
 
 
 
自分が幸せを感じられないとき
なんだか幸せに見えない人の言動
気付いた共通点がありました
「不幸な理由」があって、
そこに合わせた現実を探している
 
そんなの探すのは疲れます
不幸の種が見つからないこともある
でもそこでは終わりません
不幸を探すことに、
不屈のエネルギーを注ぐのです
 
探し疲れて、
見つからないと疑って、
少しでも兆しがあれば、
結び付けて落胆する
自分が上手くやれない理由に安心して、
また自分を否定して
 
不幸の無限ループ
積極的に不幸になって、
どんどんエネルギーを落としている
アホらしいったらありゃしない
 
 
 
こんなときはひと息ついて、
離れて見るといいのです
不幸にフォーカスして、
他がぼやけていないか
大切なもの、
見失っていないか
 
上手くやれないこと
拒否されたり、
しくじったと感じていること
それを認めれば自分が傷付くから、
逃げたくなるのは分かります
でもそれは世界の全てじゃありません
 
どうしたって上手くいかない時
そこに視線を注いでも、
不幸の渦に巻き込まれるだけです
上手くやれないなら、
それはそれでいいでしょ
 
 
探すのなら、
幸せを探した方がいいのです
去ったものは去ったもの
手元にあるものも、
大切にしなければ いつか失われていきます
 
どこへ、
行きたいのですか?
 
 
 
 

人生に期待なんてするな

人生素晴らしいものになる?
必ず意味があるに違いない?
それは期待ですか?
それとも信念?
 
もしそれが期待なら、
今すぐ止めた方がいい
人生に意味はありません
ふくらんだ期待が叶わなかったとき、
期待は絶望に変わるでしょう
 
大切なのは、
人生が期待するものに応えること
そこに意味を与えるのは、
自分です
 
 
 
出来事に色を着け、
意味を見出すのが自分であるように、
人生が素晴らしいかどうかを決めるのは、
他ならぬ自分です
確かに人生は素晴らしくなり得ますが、
それは与えられるものではないのです
 
 
例えば困難にみまわれて、
そこにどんな意味を見出すか
 
「より大きな困難に発展しなくてツイてた」
 
「困難にみまわれてツイてない」
 
同じ出来事でも、
受け止め方で行方は変わってしまう
 
人生も同じです
あなたが諦めたら、
人生は淀んだ淵になる
素晴らしいと思ったら、
誰が何と言おうと輝くでしょう
 
 
 
人生から期待されているのが人なのです
あなたが意味を与えてくれるのを、
人生は待っています
「素晴らしい一生だった」
と最後に笑えることを、
何よりも望んでいるのです
 
 
 
どんな困難があっても、
ほとんどのことは何とでもなるのです
 
喜びを喜び、
悲しみを悲しみ、
今在ることをかみしめて、
毎日を過ごしましょう
 
今を感じられるのは今だけ
その連続が、
人の一生をつくるのですから
 

 
f:id:ichapy:20170523052545j:image

 

嫌われるのって怖いですか?

嫌われること、
怖いですか?
 
嫌われるのが怖くて、
したくないことをして
楽しくもないのに楽しいと言って
それで幸せなのかなって思います
本当の自分、
どこにあるんでしょう?
 
 
 
正しいことを選んでも、
こころはなぐさめられない
選ばれないことを認めて、
捨ててしまわなければ、
いつまでもそのまま
 
事実から目を背けても、
何も得られるものはありません
すごく疲れるでしょ、
本当の気持ち隠してるのって
 
喜びも悲しみも
怒りも、
言えない思いも
そこにあるものは認めていいと思います
 
受け入れてみれば、
それが乗り越えられるって分かります
選ぶのは、
それからだっていい
 
そう思うのです
 
 
 
 

自己満足で何か悪い?

誰の人生を生きてますか?
人生は自分が満足できたかが全て
死ぬときに何も変わらなかった人生を嘆いても、
返ってくるものはありません
あなたの人生はあなたのもの
誰も人生を生きてはくれないのです
 
 
 
答えを出すのは、
いつでも自分です
誰かのくれる答えを待っても、
それがやってくることはありません
 
人生では、
降って湧いたようなことは稀です
ほとんど全てのことは、
自分が選んでいる
 
自分で決めることから逃げるのは、
いつでも出来ます
誰かのせいにして、
決断を他人がしたように装うのも簡単
 
だけどそうしたところで、
人生が変わることはありません
選択が変わらなければ、
結果も変わらない
 
 
 
自分を大切にすること
それは自分の人生を、
自分で生きることです
 
全ての決定を自分で下して、
好きなこと、
嫌いなこと
出来ること、
出来ないこと
それをしっかり伝えていくこと
 
それが世界を作り、
人が作られていく
 
自分の人生を生きましょう
 
 

離れたけど考えちゃったら

人と人が離れるとき
双方同時に手を離すことは少ないと思います
たいがいはどちらかが先に動いて、
残された側が受け入れることになる
 
そんなとき、
離れる側も離れられる側も、
それぞれに痛みがあります
相手を思う気持ちは、
すぐに無くなるものじゃありませんから
 
迷いがあっても仕方ないでしょう
自分の決断が正しかったのか、
考えることだってあると思います
 
もちろん帰ったっていいんです
変わらない場所に戻って、
同じ苦しみに立ち向かえるなら
 
 
 
離れたからには、
それなりの思いがあったのでしょう?
このままではどうにもならない
だから決断を下したんですよね
 
中途半端な状態でいることは、
生殺しと同じ
誰のためにもなりません
答えの出ないことに依存しても、
時間は止まったまま
未来はやってきません
 
一度捨てなければ、
新しいものは生まれません
今の痛みは成長の痛み
生まれ変わる痛みです
 
 
 
それでも帰るか
新しい自分に向かうか
新しい自分を掴んだその先で、
帰ることを選んだっていい
どれも簡単ではないけど、
貴い選択だと思います
 
 
 
もし判断を下すのなら
 
何のために?
誰のために?
 
それを考えてみて下さい
 
 
 

生き直すのもわるくない

生命は一度きりです
絶えてしまえば今生は終わり、
やり直しはききません
 
でも人生そのものは違う
何度も何度でも、
やり直すことができるのです
 
 
 
 
生き直すのは、
子供に戻るのと同じです
世界に目を開いて、
たくさんのことを吸収する時間
 
小さな子が新しいことを覚えるとき
見て、
聞いて、
まねして、
そして間違って、
新しいことを覚えますね
 
子供たちは新しい世界に興味いっぱい
ためらわず飛び込んでいくから、
覚えるのも早い
これは大人も同じです
踏み出さないと、
何も始まりません
 
恥の意識や手放す難しさは、
いつだって邪魔をしてきます
でも何か捨てるものあるのか?
そう考えると、
たいしてないなーとわたしは思います
もちろん人それぞれ
みんな違うのだけど
 
 
 
 
一度きりの生命なんだから、
やりたいことはやってみればいい
やってみて、
それから考えたって構わないんです
 
いつでもやり直せることを知っていれば、
つまずくことは怖くなくなる
立ち上がればいいだけですから
 
 
人生何毛作だっていい
作物を変えて、
別の収穫をあげたっていい
自分の人生
好きなように生きるのは悪くない
 
そう思うのです
 

完璧を求めたってムリムリ

こうすべきと分かっていても、
なかなか出来ないのが人間です
別に出来なくたっていいんですよね
 
出来ないことは いけないこと
そんな風に思わせる刃
笑顔の下に隠していませんか?
 
 
 
温和であることや、
敵意のない人であること
これはある意味恐ろしいものです
 
強引な要求をはねのけるの、
簡単ですよね
そんなの聴き届ける義務はないんですから
でもそれが、
柔らかい言葉で紡がれる理想なら?
 
 
 
わたしはどうやら、
理想とかそんなこと、
好きみたいです
 
現実は理想の通りにはいかないけど、
より高みを目指して、
飛び立てる自分が好きだからです
これはわたしの長所に結びついていると思います
 
でもこれは同時に、
人に完璧を求める短所にもなっています
もちろんそれがどれほど無意味か、
頭では分かっています
でもこころは分かっていなかった、
そんな風に感じています
 
 
理想や素晴らしさを口にすること、
いわゆる「いい人」でいることは、
一種の生存戦略でしょう
 
社会的に無害を装って、
周囲を味方につける
従わない者を、
じわじわと追い込んでゆく
真綿で首を絞めるような、
陰険な刃
 
 
もちろん意図してそんなこと、
しないけど
 
自分の行動を振り返って、
ちょっと考えました
わたしは一介の人に過ぎないから、
白くはありません
それは自分が一番よく知っています
 
この世界の素晴らしさを伝えたい
そう思ったとき
もし何かの価値観を裁く気持ちが入ったら、
誰かを追いつめてしまうかもしれない
これは恐ろしいことです
 
 
人は完璧じゃないから愛おしい
自分も
他人も
完璧を求めたってムリなんだから
 
もっとゆるく、
まあるく行きたいな
 
そう思いました

f:id:ichapy:20170517230553j:image