練習に応えてくれてありがとう

身の周りが楽しくなってきました
ITセラピストの山田トモミさんに、
マッサージを習っているのは書きましたが
周りに話してみたら、
練習相手になってくれる人もいて
ちょっと賑やかな9月後半です

土曜日にはTwitterで知り合ったお友達と、
前からのFBのお友達

昨日の坂戸ともらぼでも、
参加者のみんなが快く応えてくれて
お話しながら施術するので、
お互い知り合う機会になりました

 

施術をして感じますが
ひとりひとり手は違います
そりゃもう驚くほどに

手のひらの厚い人と薄い人
指の長い人と短い人
施術で痛みを感じる人もいれば、
さほどでもない人もいる
その部位も人によって違います

働いたことで荒れている手
関節が固くなってムリできない手
傷跡からは、
その人の普段の暮らしも見えてきます

目を向けるのは手ばかりではありません
肌の様子や温かさ
表情や声の調子
話の内容から伝わる気持ち
全て大切な要素です

こういうことに触れながら行うので、
お互いへの理解も深まります。
人をつなぎ、
そして疲れを緩めてあげられる
本当にいい技術だと思います

 

不思議なもので
習ったことへの理解が深まると、
知ってもらいたいという思いも強まりました

みんなが応えてくれるのは、
わたしのそんな姿勢も関係あるのかも
来月には友達のイベントにお邪魔して、
マッサージしてあげることも決まりました
進みっぷりにちょっとびっくりだけど
行動すれば物事は変わりますね

 

分からない未来に向かう行動は、
ちょっと怖かったりするけど
何が起きるか分からないということは、
良いことも起き得るってこと

良いものを持っているのだから、
きっと良いものを届けられる
それは連鎖して、
必ず良い巡りを作り出してくれる

根拠はないんだけど、
そんなこと信じられるなって
そう思うのです

f:id:ichapy:20180919065427j:image

 

「おかげ」が増えると嬉しいも増える

Twitterで知り合ったお友達、
人活さんに会ってきました
アイコンがクマのプーさんだから、
どんな人かと思っていたけど
スマートで優しい目のおじさま
いろいろお話してくれて、
とっても楽しい時間を過ごせました

わたしTwitterをちゃんと始めたの、
つい最近のことです
それまでのわたしにとって、
Twitterは言葉の弾丸飛び交う怖い場所
眺めてれば充分な場所でした

変化のきっかけは、
山田トモミさんのセミナーともらぼ
最近のTwitterは少し変わって、
人の交流も多く生まれてるよ!
Twitter歴の長いトモミさんが、
熱を込めて話す様子を見て
半信半疑で漕ぎ出してみたのでした

最初は分からないことだらけ
つまづいて、
投げ出したくなることもあったけど
なんとか続けていたら気のあう人も出てきて

人活さんはその1人でした

 

ああこの人のおかげなんだな
Twitterでの交流が活発になって、
そう感じることが増えました
何かのきっかけをくれたり、
迷ったときに道を示してくれたり
こちらを気にかけて、
声をかけてくれたりもする
そうしたこと全てのおかげで、
今の自分があるって分かる

もちろん選択は自分で下すもの
自分が動かなければ、
何か結果が出ることはありません
そういう意味では自分の行動の結果だけど

人が何かしてくれる
どんなに小さくても、
それはすごいことだなって思います
その人は、
こちらと関わることに価値を置いてくれた
それだけじゃなく実際に動いてくれた
そういうことですからね

 

起きた出来事にどんな意味を与えるか
その連続が人生を作ります
自分の行動の結果をいちばんに考えれば、
それは自信につながるけど
虚空に光る星みたいに、
輝きの持つ色合いの意味は薄れます

ここに「ああこの人のおかげだ」が加わると
世界は一挙に広くなります
自分が輝く星としてそこにいる
それは変わらないけど
いろんな輝きとの調和に自分が生きている
そんなことも感じられるようになる
他の星との違いも出てきて、
光の色合いにも意味が出てくる

無理して考えるものじゃないけど、
「おかげ」が増えると幸せも増えます
幸せが生まれるのは人と人の間
「おかげ」はそこへ向けられる視点だからです

 

自分は周りとつながることで、
何をあげられるのか
ただ自分だけに留まらず、
誰かとの間にある喜びを増やすには?

「おかげ」の気持ちを増やしていく
それは答えのひとつなのかもしれない
人活さんと撮った写真をみながら、
そんなこと思うのです

f:id:ichapy:20180914070640j:image

ハンドマッサージ習ってます

ハンドマッサージを習っています
お友達のITセラピスト、
山田トモミさんの講座『マノマノン』
手の甲から手のひら、
肘までをカバーするマッサージです

大切な人が疲れてるのを見て、
自分が少しでも楽にしてあげられたら
そう感じてドアをノックしました

 

最初の説明を受けての感想は、
「覚えればなんとかできそう?」
ところが回数を重ねる毎に見えてくる難しさ
簡単そうに見える動きに隠れた意味
やればやるほど、
自分の足りない部分に気付く有り様です

わたし小さい頃、
校区の外れで遊ぶ機会も少なくて
身体を動かすことに鈍い部分があります

指先のどこに力を入れているか?
先生の動きをトレースするのも難しい
「ここ曲げないでー」と言われても、
気が付くと曲がってるとか
右手に力を入れると、
左手にも力が入っちゃったりとか
そんなことばっかりなんですよね

 

それでも根気よく教えてくれるトモミ先生
気付けば最終試験も近くなりました
今週は同期のお友達と自主練習

人が違えば視点も得手不得手も変わります
トモミ先生やお友達の手は小さくて、
ピンポイントに決まる感じがする
わたしの手は大きくて、
ピンポイントには決めにくいけど
広い範囲を包み込める強みはあります

得意な部分についての意見交換
違う視点から見える気付きの共有
いい時間でした

 

新しいことに挑戦すると、
自分の知らない側面が見えてきます
マノマノンで得た自分の身体感覚
他人の疲れを緩めてあげられた時の嬉しさ
知ってよかったと感じます

まだ上手くなるには時間がかかるけど
目指す目的はひとつ
そこを忘れないようにして

自分も楽しみながら、
周りにも喜んでもらえるようにしていこう
そう思うのです

f:id:ichapy:20180913073944j:image

 

人の反応を気にしすぎるわたし

人の反応が気になるところがあります
誰でもあるとは思うけど、
わたしは気にしすぎのレベル
何かを決めるのは自分と分かっていても、
他人の反応で揺れを感じてしまう

こんな気にしすぎの側面は、
強みと弱みの両面に表れています
人の反応に敏感だから、
言葉や行動から感覚的に何かを掴めたり
気配りが上手いと言われたりする
細かく自分を伝えるから、
誤解されることも少ないかな

反面では、
気にしすぎてトンチンカンなこと言ったり
部分に囚われて理解が表面的になったり
考え込んで疲れてしまったりする
時には理不尽なことに順応しちゃったりして
ダメージを深くしてしまう
言葉が少ない人には、
うんざりされることもあるかな

 

いじめられた経験が影響してるとは思います
誰も助けてはくれない
そう思っていたから、
周りも敵としか思えない
今考えればどうなってもいいから、
力には力で立ち向かえばよかったんだけど
こころを折られ続けたことで、
何もしませんでした

この辺今思い出しても引き戻されて、
ちょっと来るものがありますが
経験は過ぎたことなんですよね
今の自分はそこにはいない
深呼吸ひとつで自分は取り戻せます

 

人の反応が気になって、
否定的に受け取ったことはたくさんあるけど
本当にそうだったかといえば、
そんなこともないようです

「何でそんな風に考えるの?」
「思いもしないこと言うから驚く」
そんな風に言ってくれる人がいて
自分の歪みに気付かされました

人は社会の生き物だから、
反応を気にしないわけにはいきませんが
気にしすぎても仕方ない
結局はバランスなのだと思います

強みにも表れてるから、
悪いことばかりじゃないのは確かです
あんまり恐れや不安が強すぎると、
本当に現実もそうなってしまうから
そこは気を付けた方がいいでしょう
わたしは少し、
バランスを欠いた状態なのだと思います

 

弱みを何とかすることに固執しても、
たぶんロクな事になりません
そこがあってもいいと言ってくれる
そんな人がいるのも知ってるから
強みになっていることを、
大切にしていく方がいい

自分の好きな部分は大切にする
何なら声に出して自分をほめてもいい
好きじゃない部分には手綱をつけて、
暴れないようにさせる

天秤が傾きすぎないように、
そこが大切なんだって、
そう思うのです

f:id:ichapy:20180912065544j:image

 

こじらせてる人をどうするか

自分とパターンの違う人を責めても、
何かが変わることはありません

お互いこじらせてる人なのだから
おかしくなるパターンを見極めて、
自分を変えてみること
大切だと思います

 

こじらせてるなって思う人
出会うことがあります
自分の気持ちに素直じゃなくて、
反対の表現をしたりする
まるで子供みたいだなーと思う人

こういう人と一緒にいると、
疲れることもあります
やたらツンツンしてたり、
意見を聞いても否定的だったり

誰に対してもそうかっていうと、
そんなこともないから
自分が相手の時だけなんだと思います

嫌われてるのかっていうと、
そんなわけでもないなって思うし
見ていると面白いから、
関係が壊れることはありませんが
がっかりしちゃうことはあります

ただこれ考えてみると、
自分にも同じような部分があるんですよね
それで気付くこともありました

 

人と人がコミュニケーションをとるとき、
引き出される反応は様々です
何をしても嫌う人がいれば、
何をしても好いてくれる人もいる
比較的起伏の少ない人もいれば、
こじらせてる人もいる

この反応は、
相手との噛み合わせによって決まります
言葉に意味を与えるのは聴く側です
受け取り方にはその人の経験が反映される
経験による言葉の受け取り方のズレ
これが人によって反応が違う理由でしょう

上のこじらせてるような反応で言えば
こじらせてる反応はわたしが引き出している
反対に、
わたしもそうとうこじれた反応を返している
そういうことです

 

人は変わりません
変えられるのは自分だけ
とすれば、
とれる行動は決まってきます

行動にはパターンがあり、
反応にもパターンがあります
自分の行動パターンにある何か
これが相手の定型的な反応を引き出している

思い返せば、
おかしくなるポイントが分かるはずです
ここを変えればいいんですよね

 

他人を責めたところで、
何かが上手くいくことはありません
人のことは気になるけど、
自分のことには気付かない
そんなことは普通にあります
そこで他人を責めたって、
お前だってそうじゃん!?で終わるだけ
虫の居所が悪ければ、
ケンカになっちゃうかもしれません

相手との間に何を築きたいのか?
そこが見えるなら、
進みたい方向も分かるはずです
お互いこじれた人なんだから

ただ相手を責めて終わるのではなく、
どうしたらお互い気持ちよく出来るか考える
そこが大事なんだって、
そう思うのです

f:id:ichapy:20180911064230j:image

 

踏み出すのはやっぱり怖いけど

先が見えないことへの不安
きっと無くなることはないけど

不安は考えひとつで抑えることができます
今までの危険の見積もりは正確だった?
数えるなら出来ない理由より出来る理由を
そう思います

 

わたしチキンです
石橋を叩き壊して、
「ほらやっぱり壊れた!渡らなくて正解」
なんて言っちゃうタイプ

新しいことへの挑戦とか、
知らない人に話しかけるとか
怖くてなかなか出来ませんでした
いじめられたことで、
他人への不信感が強かったのもあるでしょう

SNSに触れて、
みんなにかわいがってもらって、
ずいぶん楽になったけど
それでも未知の事柄は怖い
新しいことへの挑戦とか生活を変えるとか
やらない理由を考えて、
無難にやり過ごしてきました

 

そんなわたしも気付けば46
平均寿命で言えば折り返し過ぎたことだし
少し違う道を歩きたくなりました

未来に迷うのは先が見えないからですよね
そこにわたしは今まで、
いちばん良くない結果を予測していました

それでその最悪は当たったことがあるのか?
ないんですよね
文字通りの杞憂
天が落ちるなんてありませんでした

起きる可能性とダメージの深さの比較
ここからわたしは危険の見積もりをします
迷った時にどうするか?
ここが人によって違う部分でしょう

今までのわたしは危険を大きく見積もって、
動かないことを選びました
新しい可能性は開かれないけど、
予測できる範囲で収まる安心はありました

 

これが今はつまらないと感じます
わたしの周りに、
挑戦を恐れない人が多いのもあるでしょう
感化されたというわけです

わたしは臆病であることで、
危険を大きく見積もり過ぎていました
そこで見積もりをかなり甘くして、
迷ったら出来る理由を考えるようにしました

この考え方は、
他のものの見方にも影響を与えました
上手くいかない可能性があるということは、
上手くいく可能性も同じだけある
気付くとそんな考えが自然になっていました

 

不安はまだあります
でも可能性は五分と五分
そう悪くもないはずです

それにどうなろうと、
わたしは上手くいくと感じます
物事から感じることや、
自分の感情も選べることを知ったからです

新しいことに踏み出す
先が見えない怖さはあるけど

想像もしない楽しさがあるかもしれない
きっと未来はそう悪くないから
そう思うのです

f:id:ichapy:20180910071455j:image

 

長尾中華そばで煮干しラーメン食べてきた!

会社の近くに、
最近新しいラーメン屋さんができました
『長尾中華そば』小川町店
http://www.naga-chu.com/top/
青森ラーメンのお店です

青森のラーメンは、
煮干しがメインで知られてるみたい
なんだか評判もいいみたいで連日の行列
気になったので同僚と凸してきました

メニューはおおまかに、
あっさりとコクに分かれます
数量限定隠しメニューやつけ麺もあり
気になった『あっさり』と『こくにぼ』
トッピングもあわせて食べてみました

 

『あっさり』(¥700)は澄んだスープ
f:id:ichapy:20180908064019j:image
風味は煮干しそのもの
煮干しの旨味ですかね
少し酸味と苦味を感じます

麺は中くらいから太めの感じ
もちもちした食感です
チャーシューは薄めだけど美味しい
あとはメンマとネギ

美味しいです
食べ終わりにご飯(¥100)と納豆(¥50)を、
スープに入れるのがお勧めってことみたい
試してみるとこれまた美味しい

f:id:ichapy:20180908064102j:image
煮干しの風味と納豆の旨味が好相性
薬味は七味をふるのが好みでした

 

『こくにぼ』(¥850)はあっさりより濃いめ
f:id:ichapy:20180908064045j:image
スープは煮干粉で濁ってますが、
ドロッとした感じはありません
『花びらチャーシュー』(¥350)追加して、
食べてみました

こちらはより煮干しの主張が強くて、
ネギの風味が大事な感じ
花びらチャーシューとのコンボで、
かなりお腹いっぱいになりました

 

煮干しの香りと味
お味噌汁で馴染んだ記憶があるので、
少し懐かしさも感じますね
メインが動物や鶏とは明らかに違うけど、
美味しいなって思います

普段あんまりラーメン食べないけど、
たまに食べるとやっぱり美味しい
これから寒い季節に向けて、
もっと楽しんでみようかな
そんな風に思うのでした