これがダメあれもダメはもうしない

これがダメあれもダメ?
そう考えていると何も生み出せない
不毛の地に住みたいのなら、
それも構わないけど
 
可能性を生かす人のそばに、
人は集まります
考えるなら、
どうしたら出来るかを考えたい
そう思います
 
 
 
よく否定からスタートして考えてました
結論はいつでも「やっぱり出来ない」
そりゃそうです
出来ない理由を生み出すのは簡単
目の前のことを否定すればいいだけですから
 
その頃の自分に会ったら、
この先にいったい何を作りたいの?
そう言うと思います
ただただ自信がなくて
目の前が上手くいかない理由を、
外に求めてた
 
動かないで否定を続けるのって、
楽なんですよね
上手くいかないことは怖いし、
傷付くかもしれない
だから最初から上手くいくはずがないって、
決めてかかっちゃう
本当は喉から手がでるほど、
欲しいことなのに
 
 
 
これがダメあれもダメは、
削られていって何も残らない
可能性を消してゆく減点法の考え方です
 
考えるなら、
これなら出来るあれなら出来る
そっちの方が好きになりました
可能性が広がって、
未来が作られるから
 
続けると大きな差が出るのです
否定を繰り返された大地は、
どんどん不毛になる
草木は枯れて花も咲かず、
寒くて凍った世界になる
 
試行錯誤を続けた大地は、
どんどん豊かになる
花は咲き実りを迎え、
ぬくもりがあって生きる世界になる
 
どんな場所で生きたいのか?
たぶん考えるまでもないことでしょう
温かみを削いで作った不毛の地に、
留まりたい人なんていません
 
 
 
何もしなければ、
変わる「いつか」は決してやってきません
未来は今と地続きだから、
小さなことから始めるのがいい
考えひとつなら、
未来への投資としちゃ安いものですよね
 
どんなことも、
どうしたら出来るかを考えたい
それが確実に未来を変えてゆく
 
そう思うのです

f:id:ichapy:20180114223215j:image

 
 
 
 

ダラダラしないことは大切よ

答えの出ないことは、
味の抜けたガムみたいなもの
いつまでも噛んでたって構わないけど、
美味しくなることはありません
 
時間は限られているのだから、
目の前のことに集中する
その決断を下すのは、
自分のすること
そう思っています
 
 
 
ダラダラと考えごと
そんなことが多いのに気付きました
 
考えている自分に安心出来る?
何かをしたつもりになる?
 
答えの出ないことは、
すぐに変化を起こせないことです
考えればこころの力は消費されて、
限られた時間も失われていくのに
もったいないですよね
 
 
 
ダラダラと考え続けることを止めると、
逆に考える時間に集中するようになりました
 
暫定的に答えを出すのか、
答えを保留するのか
その決定も必要になるから、
小さな決断も積み重なる
自分で決めることは、
こころに潔さと自信を作り出してくれます
 
誰かと過ごす時間も同じ
目の前の相手との時間は、
一瞬一瞬が貴重なもの
これを意識したら、
相手のこともよく見えるようになりました
 
 
 
たぶんわたしの習慣が、
ダラダラした時に支配されていたのでしょう
そしてそれを選んでいたのはわたし
 
自分の人生を生きているのは自分で、
周りではありません
人生のかけがえのない時間
その使い方を決めるのも、
変えられるのも、
他でもない自分です
 
 
 
ダラダラしない
目の前に集中して、
時間の使い方は自分で決める
 
周りに理由を求めない、
そんな気持ちが大切なんだって、
そう思うのです

f:id:ichapy:20180113073848j:image
 
 

かきゆめ2018初春!

火曜日のこと
書家の春陽先生とソーシャル講師山田トモミさんコラボの『かきゆめ』
参加してきました
 
縦に書くことで思いは形を与えられ、
肯定されていく
肯定された思いと毎日向き合うことで、
積み重ねが大きな力を生み出してゆく
夢を叶える『かきゆめ』
2018年の書き初めです
 
 
 
わたし、
書くことにはコンプレックスがありました
軽く書こうとするとミミズさんコンニチハ
きれいに書こうとすると、
筆圧が強くなってスピードも落ちて、
すごーく疲れる
 
ペンや鉛筆ですらそうだから、
毛筆と墨は言わずもがな
きれいな字のイメージはあるけど、
手先とつながらないもどかしさ
人と比べてしまうのも、
コンプレックスに拍車をかけています
 
かきゆめでは字の上手下手は関係ない
こころに形を与えるのが目的で、
お手本を作るワケじゃないから
それを聞いて、
画に近くて安心したのを覚えています
実際やっていても、
楽しむことが出来てるかな
 
 
 
去年のかきゆめは、
自分が変わるきっかけになりました
ぼんやりとしていた思いがはっきりして、
願ったことは気付いたら形になっていた
 
今回書いたのは「ゆくぞ」
あまり意識はしてなかったけど、
去年の「どこまでも!!」の先ですね
 
わたしは自分の人生を行きます
そこに沿うものは残り、
そうでないものは消えてゆく
これはみんな同じで、
誰にも止められないものでしょう
 
そんな運命のようなものではなく、
自分に出来ることに集中する
ゆくぞっ!という気持ちで進んでいく
決めてから、
迷いは少なくなりました
 
 
 
迷いは覚悟の弱さから来ます
どんなこともきっと同じ
気概をもって進めば、
迷いは減らしていける
 
墨を擦って、
自分のこころと向き合ってみて
そう感じた1日でした

f:id:ichapy:20180112074406j:image
 
 
 
 

油断してたら肥えちゃったんであります、の巻

お正月
田舎で食べた料理美味しすぎて体重激増!
f:id:ichapy:20180111063626j:image
うちのお雑煮
お味は関東風かな
f:id:ichapy:20180111064154j:image
 
人の身体は恒常性があるから!
心なしか胃袋大きくなってる感じするけど!
なに食べてもすげー美味しいけど!
お腹周りキツいような気もするけど!
たぶん平気よね?
f:id:ichapy:20180111063609j:image
お友達お手製の角煮!
 
体重計のったら63.5kg→66~68kg!
3kg増加か. . .
まーそれだけ楽しく過ごしたから悔いはない
f:id:ichapy:20180111063944j:image
もつ鍋!
 
 
今日からまたダイエット生活開始
1日1500kcalでがんばりまーす
f:id:ichapy:20180111063700j:image
 

楽な関係を作ってゆこう

肩に力が入っちゃうのは、
どんなに楽しくても疲れます
 
余分なところに力を割かずにいられる
そんな関係こそ、
いちばんお互いが人生を楽しめて、
相手も自分も気持ちがいい
目指すならそんな関係を目指そう
そう思います
 
 
 
お友達と、
カラオケを楽しんできました
京都から遊びにきたお友達も一緒になって、
3人で4時間くらい
 
何曲歌ったんだろ
京都からのお友達は、
カラオケ行ったことなかったみたいで
最初はいくらか緊張してたけど、
終わる頃にはすっかりリラックス
楽しい時間になりました
 
 
 
この時のお友達と一緒にいて感じたのは、
すごく気持ちが楽であること
楽しくて、
気兼ねなく振る舞うことができて
素の自分が出せるから、
ぜんぜん疲れない
 
相手に変な期待をしてると、
リラックスできませんよね
相手もそれを感じ取るから、
お互いの関係もなんだかぎこちなくなる
もちろん楽しいんだけど、
ちょっと疲れます
 
 
 
これからは、
楽な関係を大切にしていこう
そう思います
余分なところに力を使わなければ、
より楽しむことに集中できるから
 
時間は限られているから、
面白くないことに割きたくありません
それはきっと相手も同じこと
たぶんこの方法で、
より時間の密度を上げることが可能になる
 
二度と返らない
その時間を大切にして、
自分が何より楽しんでいく
それが相手も同じように楽しめる時間を作る
 
そう思うのです
 
f:id:ichapy:20180110073728j:image
 

勉強を続けること

放送大学の大学院、
論文は提出せずこの春で学籍は切れます
すごく悔しくて、
さてどうしようかと思っていたけど
 
日曜日ゼミの集まりに参加して
自分の核に『学ぶことへの喜び』があるのを再確認
来年春の再入学挑戦を決めました
 
 
 
わたしの学部での卒業論文は、
『男性用補正下着についての考察』
7年くらい前のこと
男性用ブラジャーやガードルが話題で、
これにどんな意味があるのか?
そんなことを調べました
 
被服学からアプローチするつもりが、
社会学宮本みち子教授のゼミに入り、
いろんなものの見方を教えてもらいました
論文は身体観の変化を軸に、
男性の心理を追ったんだけど
 
すごく面白かったんですよね
勉強が全然苦にならなくて
だからわたしでも形にできた
 
 
 
今回何で自分が上手く出来なかったのか
それを思うと、
まず楽しめてなかったことが思い当たります
頭が固くなって、
『お勉強』になっちゃってた
 
使命感や目的意識で動ける人もいるでしょう
でもわたしはそこよりも、
楽しめないとダメみたい
もちろん論文としてまとめるのだから、
楽しいとばかり言ってはいられないけど
 
人が何かをするとき
のめり込むのがいちばんの早道です
その力がどこから来るのか
たぶんわたしは楽しむこと
 
考えてみればわたしの核には、
『集中して楽しむ』
『周りを喜ばせたい』
がかなり強くあるのです
 
 
 
こころの核を意識するだけで、
こんな風に見え方が変わる
面白いなって思います
すっかり忘れちゃったことも多いから、
入学試験突破も怪しいんだけど
 
やらないで投げちゃいたくないから
がんばってみます
 
f:id:ichapy:20180109071057j:image
 

自分という宝石の中心を知ろう

自分は自分をいちばん長く生きる存在
その割には、
知らないことはいっぱいあります

定期的に自分を見直す
知っている部分はどこを向いている?
目を背けている部分はない?
こころの核を意識して、
全部の自分をまとめていく
大切なことだと思います

 

ここ数年、
自分の人生をちゃんと生きてこなかった
改めてそう感じています
今年はまた1から積み直す年
目標は『自分の人生を生きる』です

 

やっていることを見直して、
かさこ塾に参加して
このブログを始めた頃、
自分の過去に目を向ける機会を得ました

歪みに気付いた部分はひとつずつ変えて
こころに照らして違うと思うことは、
勇気を出して向き直って
ずいぶん楽になったと思っていたけど

自分のことは自分がいちばん知っている?
そうでもないんですね
続けていたことに結果を出せず、
生活も崩れ落ちちゃって
目を向ける部分は他にもある
そのことに気付かされました

 

実家にいる時のわたし
東京で暮らしてるわたし
トランス前のわたし
トランスしてからのわたし
プライベートのわたし
お仕事でのわたし

全部自分という宝石のカットされた面
光の当たり方でいろんな輝きを見せています

人には変わる部分と変わらない部分と、
両方の側面があります
その時々の光でいろんな輝き方をする、
そんな『自分』は変わる部分

そこに対して、
宝石の澄んだ中心、
こころの核
そんな『自分』は、
何があっても変わらない部分

今までのわたしは、
外側の変わる部分にばかり目を向けて、
変わらない自分を意識できていませんでした

 

社会を生きる上で求められる役割
それは変わる自分です
これを知ることは、
自分の引き出しを教えてくれる

でもいちばん大切なのは、
何があっても変わらない自分です
ここが何を求めて、
どこに行きたがっているか?
意識できていればカット面に惑わされず、
方向を見失うこともありません

目的地より行きたい方向を知ることが大切
ぼんやりと分かってはいたけど
その意味がやっとはっきりしたのを感じます

 

自分の人生を生きることで、
そこから外れたものは消えてゆくでしょう
もしかしたら、
大きな痛みを伴うかもしれないけど

恐れることはないのだと思います
人生に必要ないものは消えてゆく
きっとそれは真理のひとつです

過去の自分を思うと、
失くしたら生きていけない
そう思ったものもあったけど
そんなことはなかった
消えていったものは役目を終えたもの
必要ではなかったと分かります

 

自分の人生を生きる
そこに何が起きるのか
きっと楽しい1年になる
そう感じています


f:id:ichapy:20180108123441j:image