朝からイライラする自分にならないために

他人は自分の鏡
イライラしてる人は美しくないけど、
その姿はイライラしてる自分そのもの
 
客観的に眺める
それが自分ならどう思うのか?
こころの余裕を持つこと
とっても大切なことだと思います
 
 
 
土曜日、
わたしは隔週でお仕事です
家を出る時間、
いつもより少し遅くて済むけど
やっぱり5時台には動いています
 
朝早く動くのは、
30半ばくらいからの習慣
もうリズムも出来上がっていて、
おやすみでも自然と目が覚めます
 
早く動いていると、
こころにも行動にも余裕ができます
電車では必ず座れるし、
事故があってもあわてないで済む
気持ちに余裕が持てるから、
他人にイライラすることも減りました
 
 
 
朝早くても、
殺気立っている人はいます
 
威圧的な男性
怒気をはらんだ声
無言で人を押しのける
人の前に出ようとする
 
『奪われる』と感じるんでしょうか?
わたしみたいに真ん中で生きていると、
威圧すれば押さえつけられると思うのか
そんなものを向けられることもあります
 
 
 
こういう態度
もちろん気持ちのいいものではありません
余裕がないと、
こちらもイラっとしてしまうけど
今は客観的に見られるようになりました
 
怒りを撒き散らしている人って、
正直近寄りたくないです
美しくもないし、
楽しくもない
 
嫌だなと思う反面、
イライラしているわたしもきっと同じ
そう思うと、
背筋が冷えるような気持ちになります
 
 
 
怒りは自らを蝕むもの
自分で自分を縛って、
敵意の鎧を厚くしても、
得るものは何もありません
 
世界って自分の思いが作るんですよね
敵意を向けていれば敵意が返る
確かに世界には悪意もあるし、
敵意をあらわにする人もいるけど
 
そうじゃない人もいる
目を向けさえすれば、
優しさで生きる人もいるのです
 
敵意の鎧は、
世界の半分を見えなくしてしまいます
残るのが敵意の側だけでは、
あまりに人生は寂しい
 
そんな自分に陥らないためにも
気持ちに余裕を持つことって大切
そう思うのです
 
f:id:ichapy:20171118074847j:image
 

朝活でスタートする1日もいいものよ

眠りから覚めたばかりの頭では、
気持ちのいいスタートは難しいから
 
たまには朝早くに起きて、
澄んだ空気の中歩いて
頭の体操して1日を始める
そんなのもいいなって思います
 
 
 
昨日のこと
大崎で行われた朝活に出てきました
 
わたしは朝4時前後に起きて、
6時30分くらいには都心に出ています
仕事が始まる9時30分までは自由なので、
たまに朝活にも出ています
 
朝活は頭の体操みたいな側面があって、
仕事前のウォーミングアップにもなります
頭がクリアな状態でスタートを切れる
なかなか良いものだと感じます
 
ただこれは参加者の目から見えること
主催者は大変でしょう
短時間にエッセンスを凝縮させて、
スマートにまとめる必要がある
テンポが悪いと、
逆に疲れちゃいますからね
 
 
 
昨日参加したのは、
FBのお友達かわべゆういちさんの
「『格言力』をつけよう!」
 
格言力って聞き慣れない言葉ですが、
簡単に言えば「こころに響く言葉で人生をより豊かにしていく」
そんな力ということでした
 
簡単な説明からワークへ
ある条件に当てはまる言葉を、
思い付くだけあげてゆく
前に面接で経験したこともありますが、
けっこう難しいんですよね
昨日は「気」の字を含む単語
ちなみに面接の時は「さんずい」
 
あとはそれを組み合わせて、
『マイ格言』を作ります
先にあげた「気」のつく言葉、
これを3つ組み合わせてみる
わたしのは
 
「人生で大切なのは『勇気』と『のん気』とちょこっと『運気』」
 
最初はワーク大丈夫かなって思ったけど
テンポよく進んで形になって
結果はその人が出るなって、
おかしくなりました笑
 
 
 
朝からこうやって動くと、
1日が充実したものになります
おかげで昨日はスタートからおやすみまで、
気持ちよく過ごせました
いいスタートって、
いい1日のためにとっても大切
そう思いました
 
f:id:ichapy:20171117071940j:image
 

受け渡していくもの

役割は変わってゆくもの
いつまでもそこにしがみついていたら、
血は新しくならないから
 
役割は受け渡していく
そうすれば自分も周りも、
新しくなっていける
そう思います
 
 
 
 
後輩に仕事を伝えていて、
基本に置いていることがあります
それは「若い人が中心である」ということ
 
入社してすぐの時期に見えることって、
会社にとっての財産になると思っています
馴染んでしまったら見えない歪み
そんなものを会社の内外両方の視点から、
見ることができるからです
 
経験の少なさは、
周りがカバーすればいいんですよね
思ったことを言える空気を作ってあげる
ちゃんと考えを聴く
恐れず前に進めるなら、
それを応援する方がいい
わたしはそう考えます
 
 
 
うちの会社は古いとこだけど、
何でかわたしが一二を争う古株(^_^;)
まあ考えてみれば20年も働いてるわけで、
古狸にもなるわけですが
 
長くひとところにいると、
いやでも考え方は硬直してきます
会社の色に染まって、
おかしなことに気付けなくなっている自分
たまにそんなことを感じます
自分でたまに思うってことは、
他人からすれば相当ヒドいんじゃないかな
 
順当にいけば、
年取った方が先に離脱するもの
そんな人がしがみついてたって、
ロクなことはないと思うのです
 
役割は自分の元に留めるのではなく、
受け渡していかなければならない
いつまでもわたしが中心では、
会社は力を失ってしまうでしょう
 
 
 
周りは気付いてないかもしれけど、
職場は後輩を中心に回し始めています
今のわたしの役割は、
支えて加速させること
 
まだまだ自信がなさそうだけど、
きっとわたしよりいい職人になるでしょう
思ったより早く役目を終えられそうで、
安心しています
 
f:id:ichapy:20171116084906j:image
 
 

簡単に見えることの積み重ねこそが

そんなの簡単って思うほど、
当たり前のように見えること。
でもみんなが考えてしまうのは、
その当たり前がうまく出来ないから。
 
簡単なことでも、
積み重ね続けること。
それだけが揺るがない信頼を作ってくれる。
そんなことを教えてもらいました。
 
 
 
昨日のこと、
お友達のソーシャル講師山田トモミさんの、
SNSでの影響力を深める4つの方法』
に参加してきました。
内容はSNSでの活動の根幹になる4要素、
 
1. 設定
2. 写真
3. 文章
4. コミュニケーション
 
を中心に、細かい事例や山田さんの経験を交えて構成されたもの。
 
山田さんはこれまで初心者を対象に、
設定が何よりも大切であること
iPhoneでの写真術
SNSでの影響の深さとは?
といった内容の講義を重ねてきたお方です。
今回の講義はこれまでの内容が集約された、非常に内容の濃いものでした。
 
セミナーでいちばん印象的だったのは、
「影響力とは信頼であり、信頼はコミュニケーションの積み重ねでしか生まれない」
という言葉。
書いてしまうと当たり前のこと、簡単なことと感じられるかもしれません。でも現実もSNSも、結局そういった積み重ねを通してしか、信頼は形作られないんですよね。
これはわたしも実感していることです。
 
山田さんの『ともらぼ』も、スタートから4年が経っているとのこと。
内容も細かくアップデートされていて、現状に満足していないことは、参加していて毎回感じます。その積み重ねが今を作っていて、確実な次にもつながっているのでしょう。
 
 
 
当たり前のように見えること
簡単過ぎて拍子抜けすることもありますね。
でも考えてみると、その当たり前が出来ていないから、コミュニケーションに疲れてしまったりする。ここしばらくのわたしも、同じだったかもしれない。そう思う部分があります。
 
毎日の習慣や形式的な動きは、積み重なることで大きな力になります。
美しい言葉遣いや所作が、毎日の積み重ねから身に付くように、人とのこころの交流も、一朝一夕でなるものではない。
 
そんなことを思った、とってもよい時間でした。
 
 
山田トモミさんの『ともらぼ』はコチラ
SNSで影響力を深める方法はシンプルだけども」
 

 
f:id:ichapy:20171115072421j:image

 

手元に引き寄せるばかりじゃなく

人が抱えておけるものには、
限界があります
あれもこれも
そんな風に手を伸ばしても、
いつか抱えきれなくなる
 
あふれる物はこころを押しつぶし、
新しい何かが入ってくるのを妨げます
手に入れるばかりでなく、
積極的に手放すことも大切
そう思います
 
 
 
メンタルが弱ってくると、
いつも通りのことが出来なくなってきます
ちょっとガタガタして、
今は少し落ち着いてきたけど
生活管理能力落ちてるなーと感じます
 
いつも通り会社に行って、
本当に気の許せるお友達となら過ごすこともできる
でもプライベートでは、
目の届かないところが出てきて、
アレっと思うことが起きてしまったり
 
 
 
わたしは欲張りな性格で、
いろんなことに手を出したくなります
面白いなと思って興味を持つけど、
あんまり長続きしない
「竹本さんは飽きっぽい」
そんな風に言われたことあるけど、
けっこう合ってると思います笑
気に入ったことは、
ずーっと突き詰めたりするんですけどね
 
この性格は、
生活にも影響していると思います
今は手を広げすぎて、
キャパシティを越えてしまっている
もっと生活を縮小する方がいい
出来なくなっていることは、
そんなサインでしょう
 
 
 
これまでの趣味で手に入れたものは、
わたしという人を形作ってくれています
生き物に触れること、模型、AD&D、時計、ナイフ、お酒作り、服、里山歩き、音楽、勉強
 
介護の勉強をしたときにも思ったけど、
人は手に入れたものを、
手放していかねばなりません
 
今までは手に入れて形作る、
そんな季節
もう持ちきれないくらいのものが、
手の内にはあります
新しく何かを手に入れたいなら、
これからは積極的に手放していく
そう考えた方がいいのでしょう
 
 
 
わたしは京都に住むゆめがあります
そのためには、
もっと持ち物を減らして、
身軽に動けるようにしなきゃいけない
ここら辺がちょうどいい機会なのかなって、
そう感じています
 
 
f:id:ichapy:20171114074546j:image
 

自分を憎しみで染めないように

自分や周りへの憎しみは、
争いの絶えない環境を作ります
行動がどんなに素晴らしくても、
憎しみは誰かを傷つけてしまうから
 
自分の思いを大切にして、
自分を好きになる
スタートはそこからなんだって、
そう思います
 
 
 
好きなものは好き
嫌いなものは嫌い
人のこころは、
けっこうはっきりしたものです
 
それなのに、
変に自分を抑えたり
時には気持ちにフタをして、
嫌いなものを好きと言ってみたり
それぞれ理由はあるかもしれないけど、
人はおかしなことをします
 
その状態
健康とは言えませんよね
こころの中では、
解決できないものがくすぶり続けます
くすぶりは憎しみ
自分に嘘をつかせる相手への憎しみです
 
憎しみの対象を好きになるなんて、
無理なお話です
そんなことを続けていると、
いつか自分も嫌いになってしまう
こんな人、
多いんですよね
わたしもそうでした
 
 
 
自分が嫌いな人って、
いつも怒りや憎しみがあるから、
エネルギーはあるんだけど
喜びを源にする人と同じことをしても、
結果が違ってきます
 
何でか不協和音が絶えない
わたしはそう感じていました
今考えれば簡単なこと
みなの幸せを考えて手段を選ばないから
自分の幸せの押し付けに過ぎないからです
 
 
 
どんなタイミングで燃え出すか分からない、
そんな火種を残しているのは、
あまり歓迎できないことです
 
もちろん行動しないよりは、
ずっといいでしょう
それで幸せになる人がいるんですから
必ず反感を持つ人が一定数いるのも事実で、
それも仕方のないことです
 
それでも、
わざわざ火種を作ることはない
そのために、
自分の思いを大切にして、
憎しみで染めてしまわないように
 
そう思うのです
 
f:id:ichapy:20171113163750j:image
 

怒りのままに走り出しちゃいけない

人と人の関係は1対1
誰かと比べて待遇が悪いと責め立てて、
自分の正しさに閉じこもって
それで相手を幸せにできる?
 
人は弱いから、
いつも上手くできるとは限らないけど
壊した関係の立て直しは難しいのだから
 
怒りに飲まれて関係を壊さない
怒りの影の悲しみは何を語るのか
それを知るのが大切なんだって、
そう思います
 
 
 
あの人の行動
向こうにはああなのに、
自分にはこうだ
何でだろう. . .
よく聞くお話だし、
自分もそれで悩んだ覚えがあるけど
 
他人から同じような視線を向けられると、
考えるまでもなく分かるんですよね
 
人との距離感や関係性
わたしは相対的に決めることはありません
誰かとの関係は、
あくまでその人との間でのことだから
 
 
 
足りない部分にばかり目が向いていると、
人のしてくれたことが分からなくなります
 
自分のこころを追い詰めて、
思い通りにしてくれない他人を責めて
関係が壊れてしまったら、
相手は悲しむことでしょう
本当にしたかったのはそんなこと?
その人にしてあげたかったのは?
 
やり直すことは、
実はいつでも出来ること
だから選択するのは構わない
 
ただしまた向き合ってみても、
許されるとは限りません
そんな恐れを乗り越えて、
やり直す勇気を出せる人
どれくらいいるのでしょう?
 
 
 
怒りは悲しみ
本当の自分の気持ちが見えたなら、
結果も違うでしょうか?
 
怒りの影にある悲しみは、
どこを向いているか?
なぜそんなに悲しかったのか
知らないといけないのはそこなんだって、
そう思うのです