見方1つでどんな風にも変わるよ

幸せは自分が感じるもの
誰かに与えられるものではないから

何を選んで、
何を見ていくのか

大切だと思います

 


見たいものだけを見ている

人は見たいものだけを見ています
例えば
「黄色い物を探して下さい」
と言われたとき

身の周りの黄色いものを探して、
必要なら数を数えたりするわけですが
終わった後、
「今見回した範囲に、
紫のものはありましたか?」
と言われて

たぶん答えられません
人は見ようと思ったものだけを見る
これは見ようと思っていないものは見えない
こう言い換えることもできます

 


人の身体は省エネな作り

これは見ようと思っていないことが悪いとか
そんなお話ではありません
人の身体が不必要なところに、
力を割かない作りになっているだけ

人は頸動脈を長く押さえられると気絶する
よく知られた話ですが
これは生命維持に必要な機能を守るため、
不必要な部分からダウンさせた結果です

情報処理も同じです
身の周りの全ての情報を拾っていたら、
処理する手間ばかり増えて、
肝心の情報処理が遅くなってしまう

場合によっては危険察知の遅れにつながり、
命の危険にもつながりかなませんから
フォーカスしたこと以外は、
目に入らないようになっている

人の身体は省エネ
余分なことはしない作りなのです

 


見るものは選ぶことができる

これは見方をかえれば、
自分で何を見るか変えることで、
そぐわないものを除外できるということです

嫌なことばかり考えていると、
嫌なことにつながるお話ばかり探して、
好ましい可能性に目が向かないものですが

逆をやればいい
自分に都合よく考えて、
好ましい可能性に目を向けていると、
嫌なことは目に入らなくなります

こういう考え方をしていると、
嫌なことを探すタイプの人も離れていきます
見方のズレは積み重なって、
身にまとう雰囲気を変えてゆくからです

類は友を呼ぶ
好ましい可能性に目を向ける人は、
同じような人が好きですし
好ましくない可能性に目を向ける人も、
また然りということ

見るものは選ぶことが可能で、
それによって世界が作られていきます

 


まとめ:見方1つでどんな風にも

自分の見方1つ
何を選ぶかで起きる出来事は変わり、
それが自分の考え方を変え、
身の回りも同じような人が集まるようになる

身の周りが嫌な可能性ばかり数える人で、
自分に責任はなくて周りが悪いとか
そんな社会に暮らすのなんて、
正直ぞっとしませんよね

わたしの幸せはわたしが感じるものだから
意識的に見方を変えてみたら、
世界は間違いなく色合いを変えました
これは誰にでも可能な技術です

幸せは誰かが作ってくれるものじゃなくて
自分で決めて感じていくもの
何を選んで何を見ていくのか

大切だと思うのです

f:id:ichapy:20190617130330j:image

 

 

 

 

疑いで現実を変えたいのか?

自分は嫌われている

「自分は嫌われている。
そんなの嫌だ。」
こんなお話をする人に出会いました

そこにいた他の人はわたしを含めてみな、
「どうしたらいいのか?」
という問いだと思ったのでしょう

「自分ならこうするけど」とか
「それしんどかったですね」とか
いろいろ話したんですが

気付くと堂々巡り
最初から話が始まっています

結局カウンセラーさんが話を導いて
現状がそう悪くないというところに、
落ち着きましたが

どうするのが良かったのかな
自分ならどうできただろう?
後でそんなこと考えました

 


求めていたのは何?

まずこの人は何を求めていたんだろう?
考えてみると、

解決を求めていない
話を聴いて自分の悲しみに共感が欲しかった

これは間違いなさそうです
何回も繰り返し表れるということは、
そこがいちばん大切だということですが
共感がもっともっと必要だったのでしょう

何か出来るのは本人だけです
共感してもらって自分が安心
まずそこが満たされるのが必要で、
話はそこからだったのだと思います

 


思い込みは怖ろしい

不都合な可能性を恐れてばかりいると、
起きてほしくない現実がやってきます

人は見たい現実だけを見ます
これは恐れも例外じゃありません

いくつもある可能性の中から、
上手くいかない可能性につながる疑いだけを
拾い集めてしまう
疑心暗鬼に囚われると、
他人の行動が疑わしく思えますね
あんな感じ

当然対応する自分の行動も、
疑いに根ざした物になります
この積み重ねが現実を作り出す

上で書いた人は、
こんな形で現実を作っていたと思います

わたしができることは、
話を丁寧に聴いてあげること
現実は自分で作っていると伝えること
そのくらいだったでしょうか

 


まとめ:疑いで現実を作りたい?

不安には正体がありません
だから自分で捨てる選択をすれば
なくすことができます

上手くいかない可能性と同じくらい、
上手くいく可能性もあります
結果は動いてみなきゃ分からないのだから

自分を疑いで固めて、
嫌な現実を作らなくていいんじゃないかな?
そう思うのです

f:id:ichapy:20190616020049j:image


 

受け渡す季節に思うこと

物を手元に置いて、
自分は何を感じている?

もう充分物との時間を楽しんだと思うなら
受け渡す季節なのかもしれないね
そう思います

 


わたしの物への執着

まだいっぱい執着してるなぁ
今まで集めた物を見て、
そう思うことがあります

死んだら無意味と思うようになって、
かなりおとなしくなりましたが
まだまだ顔を出すこともある

自分の「好き」という部分でもあるから、
そう悪いこととも思いませんが

わたしは今、
身軽になりたい願望があります
それでどこかで折り合いをつけたいなって、
考えることがあります

 


執着は捨てないといけない?

執着していることは、
それだけ好きなこと
集中していることとも言えます

周りが見えなくなると面倒だけど
そうでなければ、
悪くないんじゃないでしょうか?

好きなことは「その人らしさ」の一部
他に思うことがないなら、
無理して手放すこともないと思います

 


価値あるものたちをどうするか

わたしの手元には、
わたしが価値を感じるものが集まっています

人形や懐中時計だったり
ナイフやビンテージの軍服
好きなドメスティックブランドの服
組んでいない模型なんてものも

CDもたくさんあります
データにしてから手放すつもりですが
まだそのまま手付かずです

手放すのにはあまり抵抗はありません
物は楽しみをくれますが
所有が人の価値を決めるわけじゃありません

消えて行くならそれも仕方ないですが
価値を認めて、
大切にしてくれる人に渡せるといいな
今はそういう思いが強いです

 


まとめ:受け渡す季節に

今わたしは、
受け渡す季節にいるのだと感じます

「そういう自分が好き」
好きな物たちは、
今までそんな時間をわたしにくれましたが

この数年、
わたしは持っているだけでした
それもなんだか物に申し訳ない

かつてわたしがそうだったように、
他の誰かが幸せを感じるなら
受け渡すのも悪くないんじゃないかな

さてこれからどうしよう
部屋を見ながら、
そんなこと思うのです

f:id:ichapy:20190614064223j:image

 

 

 

 

 

自分をアゲる魔法をかけよう

誰にでも使える、
「魔法でもなんでもない魔法」

自分の手に全てが握られているとしたら
その中からあなたは何を選ぶ?
そう思います

 


魔法でもなんでもない魔法

ありがとう
元手も何も要らない魔法の言葉
なるべく意識して言うようになって、
わたしの人生かなり楽になりました

最初は意識していたのが、
繰り返すうちに意識しなくなって
今ではけっこう普通に出てきます

「ありがとう」の習慣化で起きるいいこと
ありがとうって言われて、
嫌な顔する人はそういません
自分のこころも、
マイナスよりプラスを数えるようになる

これが循環して環境が変わっていきます
自分の周りには似た人が集まるもの
自分も「ありがとう」って言われたら、
嬉しいですよね?

同じような人が集まって、
お互い与えあう環境になって、
循環は更に大きくなってゆく

「ありがとう」の魔法は、
魔法でもなんでもないけど、
確実に人生が変わる技術の1つ
そう思います

 


ぴかりんの講座に参加中

こういう魔法でもなんでもない魔法を、
今お友達から勉強しています
ぴかりんこと安西光さんの開催する、
アドラー心理学の勇気づけ講座」
https://anzaihikaru.com/

アドラー心理学
耳にしたことのある方も多いと思います
アドラーはわたしが尊敬するフランクルの、
先生にあたるお方だそうですが
すごく有名なのに、
今まで勉強したことがありませんでした

実はしばらく前に出家を考えたとき、
灯になる言葉をくれたのが光さん
いくつか勉強したいことがありましたが
これをきっかけに、
「この人から勉強をしよう」
と思うようになりました

まだ講座は途中ですが、
習ったことを1つご紹介しますね
セルフトークと呼ばれるものです

 


セルフトーク

セルフトークはこころのうちで話される、
自分の思考を表現する言葉です
こころの内で、
自分にどんな言葉をかけているか?

「あーまた失敗した」とか
「ダメだなわたし」みたいに、
自分を叩き落とす言葉か

「オレちゃんすげーぜ!」とか、
「あたしエラい!」みたいな、
自分の気持ちがアガる言葉か

こころの中で話されることは、
他でもない自分が必ず聞いています
繰り返される言葉は、
いつか自分をそこに引き付けていく

勘のいい方ならお分かりだと思いますが
ここで「ダメだなわたし」とか言ってると、
「ダメなわたし」のいっちょ上がり
しかも恐ろしいことに、
言葉の重ねがけで強化されていく
ますますダメになるオマケ付きといわけで

「言葉が現実を作る」という、
魔法でもなんでもない魔法
使い方を誤ると恐ろしいですねぇ

 


まとめ:自分をアゲる魔法をかけよう

人生は長くありません
同じ時間を生きるなら上を向いて
周りの人の人生も明るく照らしたい
わたしはそう思います

「魔法でもなんでもない魔法」は、
誰にでも使うことができます

自分にも使えるのなら、
どんな方向でかけていきますか?
それは自分と周りに、
望む未来を連れてきてくれる

それなら迷うことはないんじゃないかな?
そう思うのです

f:id:ichapy:20190612161525j:image

 

 

 

 

 

 

ハローワークの職業相談受けてみた!

ハロワの職業相談

ハローワークに行って、
職業相談というものを受けてみました
これからの就職活動の進め方とか、
そんなお話をしてくれるもの

「働く気」をそれなりに見せないと、
失業給付は受けられませんが
職業相談はその活動に認められます

何か人を助けられること
自分としてはそんなこと考えてるけど
それほど絞り込めているわけでもないので
正直に話してみることにしました

 


名乗り出るトランスはやっぱりいない

番号を呼ばれて窓口へ
あいさつしてから、
自分がトランスであること
支援するようなお仕事を探していること
話してみました

窓口の50代半ばくらいのおじちゃん曰わく、
「いつかそういう人が来るかもしれない
そう思ってたけど
今までそんな風に話した人は、
自分の知る範囲ではいませんでした」

分からないでもないなと思いました
反対の性別に移行して、
平和に暮らしたい人が大半でしょうから

自分が真ん中自認で、
ちょっと変な立場だということ
仕事を辞める時考えたこと
これからどんな風なお仕事をしたいか

そんな話をしながら、
端末の使い方を教わりました

 


20年経つとものごと進んでる

パソコンでの検索便利ですねー
特にキーボード付き端末のフリーワード検索
前は大量に並んでる求人票をめくって、
そこから探したもんですが

ハロワじゃないと出ないデータもあるから、
足を運ぶ価値はあります
近隣の県だけじゃなくて、
全国や海外の求人も見ることが出来ます

トランスジェンダーではヒットなし
LGBTではヒットあり

タクシーやトラックのドライバー、
あとは医師の募集が出てきました
積極的に支援すると言っている職場が1件
これは児童関連でした

 


まとめ:ぼちぼち探していこう

出てきたお仕事で、
すぐに関われるものはありませんでした

まあ焦っても仕方ありません
お仕事も人と同じで縁です
前の額縁屋さんの工房も珍しいお仕事だけど
ハローワークが縁でした

今勉強しているリフレクソロジーを、
活かすには?
拘束時間の少ないお仕事を選んで、
ボランティアで挑戦するのも悪くない

お給料は多少低くなるけど、
魅力的なお仕事もかなりあります
自分の人生の新しい章
何を書き入れようかな?
そんなこと思うのです

f:id:ichapy:20190612090251j:image

 

 

 

 

許せないなら忘れてしまえ

ずっと許さない
許せないことはそのままでいい
そんなお話を聞きました

自分のつらかったことを思い返すと、
許せない気持ちも分かります
でもわたしは別の道を選びました
許すとか許さないとか、
どうでもよくなる道

その気持ちについて考えてみました

 


いつ過去から卒業するのか?

許さないことは、
自分をつらい瞬間に縛り付けること
その時を反芻して、
自分を傷つけ続けることです

ハッキリ言ってしんどいです
けっこうエネルギー使いますからね
そこから力が生まれることもありますが

ある時思いました

いつまで相手に依存すれば気が済む?
許さず恨み続けることは、
「その人がいなければ力が出せない」
と言っているようなもの
自分はそんなに弱いの?って

 


許せなくていいけど

とは言え相手を許せるか?と考えると、
なかなか難しいものがありました
感じたつらさもまた事実だからです

わたしいじめられていたことがあります
つらかったです
毎日逃げたいと思ってましたが、
死ぬ勇気もなければ生きる勇気もない

そこには自分がありませんでした
だからかどうか分かりませんが
その頃の記憶はほとんどありません
残ったのは暗い怒りだけ
当然相手も許さなくていいと思ってましたが

つらいことは普段忘れていても、
思い出すと囚われます
許せなければ許せないほど集中してしまう

そうなると力を吸い取られます
力を振り向けたいことはいっぱいあるのに

怒りは一時的な起爆剤にはなっても、
結局は後戻り
一文の徳にもならない
なんとかしようと思いました

 


無関心がいちばんこたえる

いじめる人は関心がほしいんですよね
その歪んだ表現がいじめ

人にとってつらいのは、
完全に忘れ去られることです
忘れてしまえば、
世界にその人の居場所はなくなる

正直な話、
自分が楽しくなると相手なんてどうでもいい
考えもしません

別に相手を許さなくたって構いませんが
忘れることはできます
これを常態化すればいいわけです

好きも嫌いも関心があるってこと
無関心になって忘れよう
そう考えました

 


まとめ:忘れると新しいものがやってくる

忘れるとこころに余裕が生まれて、
新しいものがやってきます

今はいじめられたことを思い出しても、
こころが騒ぎません
いじめた人の居場所はわたしの人生にはない
どうでもよくなったのです

つらかったこと悲しかったことは、
そうだったよな、
よく耐えたなって思います

立ち向かう勇気はその時無かったけど
折れない自分がいたことは分かります

相手に依存し続けなきゃいけないほど、
自分は弱いのか?
しがみつき続けるほど大切なことなのか?
そうじゃないなら

忘れても構わないんじゃない?
力の使いどころはきっとそこじゃないから
そう思うのです

f:id:ichapy:20190610175927j:image

 

 

 

 

上から「言ってあげる」のは止めた

何か言いたくなる時に考えたこと

人にあれこれ言いたくなることがあります
こうした方がよくない?とか
こうした方が楽だよとか

前はそのまま口に出していました
それがいいと思ったからです
たいがい「そうだねー」くらいの反応で、
お礼を言われることもありましたが

ほとんどの人が変わらない
同じことを繰り返していて、
同じところでつまづいてるように見える
変わらないなぁ、
しょうがないなぁと思っていました

 


変わってないのはわたしだった

『大きなお世話』という言葉がありますが
文字通りそんな状況だったと思います

求めてもいないのにツっこまれる
否定されたように感じて、
イラッとした人も少なくなかったでしょう

人は自分が変わろうと思わなければ、
変わることはありません
まして上から一方的に話されたことなんて、
反発を受けるだけだったでしょう

変わっていなかったのはわたし
変わらない行動に、
変わらない結果が返っていただけのこと

目の前に上手くいかない事例があるのだから
他人を変えようとするよりも、
自分が変わればよかったのだと思います

 


変えてみた

しばらく前にお友達と話して、
ちょうどそんなお話になって
「相手から求められなかったら、
自分が思っても口をつぐんでおく」
という話を聞いて

やり方を変えました
思うことがあってもすぐには伝えない
それで忘れてしまうようなことなら、
大したことじゃない
忘れなかったとしても、
いろんな角度から光を当てて、
適切な言葉を探すことができる

それに今出来ていることに目を向ける方が、
ずっといいと思い至りました

その時の最良の姿を、
その人が精いっぱい表現しているなら、
それがいちばんいい
自分で工夫して殻を破ることは、
つらいこともあるけど楽しくもある

精いっぱいやった軌跡が、
結果として幸せになるのだから
求められないならそのままでよかったのです

 


まとめ:エゴの押し付けは止めよう

その人のその時の精いっぱいを、
黙って見守ってあげる
相手ができると信じるなら、
難しくはありません

結局他人に何か言いたいのは、
自分が言いたいだけのこと
エゴに過ぎません

自分のエゴを押し通すか
相手を信じて見守るか
もちろんその時々の状況もあるけど
押しつけてまでして、
変える「べき」ことはほとんどないから

自分の行動を考えていきたいね
そう思うのです

f:id:ichapy:20190609094457j:image