歪んだ好意は誰にも伝わらない

歪んだ表現は誰にも伝わりません
いちばん伝えたい相手はもちろん、
自分さえも望まぬ未来へ連れて行くから

自分の思いはどこにあるのかを知り、
素直に表現していくこと
大切だと思います

 


相手を見ない
話さない
興味を持たない
返事をしない
近くにいるとあからさまに逃げる
自分のこと知られるのをすごく嫌がる

端から見ていて様子が不自然
相手が大嫌いなんだなって思う人がいます

嫌なら離れればいいのに
なぜだかそうしない
相手が離れられないと思ってるのか
「いることを相手に許している」
そんなことまで言う

言われる方も何を思うのか
どう見ても嫌われていて、
軽んじられてるのに離れない
身体に変調を来して、
こころもこわれてしまってるのに

 


自分を否定し続ける人、
好きな人はいないでしょう
自己評価下がりますからね

世の中何しても好いてくれる人と、
何しても嫌う人がいます
嫌う人に関心を向ける必要はありません
大切なのはこちらを好いてくれる人

. . . なんですけど
自分の気持ちに蓋をして、
本心を感じないようにしてしまう
そんなこともあります

わたしがいじめられてた時、
自分にかけていた幻と同じ
『嫌われたくない』
『人を嫌っちゃいけない』という囚われから
嫌いなはずの人を好きだと思ってたような
そんなこと

 


別に嫌いな人は嫌いでいいし、
誰かに嫌われたって構わない
わたしはそう思います
無理してそこに蓋しようとするから、
おかしなことになる

嫌いな人のそばに居続けて、
お互いすり減るような毎日を送って幸せ?
それはありませんよね

案の定この関係は終わりました
蓋をしていた自分に気付き、
軽く見られていた方が動いた
水は低きに流れる
当然だなって周りは思いました

 


ところが
軽んじていた側の人だけは違いました
離れるのが確定的になってから慌てて、
相手を大切にするような素振りをしたりして

周りは呆れました
今までどれだけ相手が苦しんでいたのか、
みんな知っていたから
もちろんそこに留まる選択をしたのは、
軽んじられ嫌われているように見えた人
責任はそれぞれにあることだから、
呆れるのも違うかもしれないけど

もしかしたら
嫌っているように見えた行動は、
その人の歪んだ好意だったかもしれません
素直に表現されない
「自分を分かって」
「言うことをきいて」

相手は離れない
本気でそう思っていたのかもしれません
だから不機嫌をぶつけるようなことも、
平気で出来たのかもしれません

もし本当にそうなら
大切さに気付くのが遅かったとしか、
言いようがありませんが

 


今でもこの人の気持ちは分かりません
誰もが嫌っていると思っていたし、
落胆の様子は見て分かるくらいでもあった

何であれ、
その思いは誰にも伝わりませんでした
相手にも周りにも、
誰ひとりとして
この人自身にも、
実は分からないのかもしれません

素直でない表現が習慣になると、
自分が分からなくなります
本心と逆の表現を毎日聞き続けることで、
自分も騙されてゆくからです

 


好きなら好き
嫌いなら嫌い
人の思いは本来シンプルなものです
人の受け止め方も、
素直に受け取るように出来ているもの
歪んだ表現は誰にも伝わりません

自分はどうなのか?
つまらないこだわりから、
素直じゃない表現をしてないか?

そんな表現は大切なはずの相手も、
自分も傷付けてしまうから
気を付けていこう

そう思うのです

f:id:ichapy:20181211071604j:image

違いの面白さに目を向けるようになって

価値観の違いにハッとすることがあります
いいと思うところ
嫌だなと感じるところ
そこに対してどう反応していくか?

大切なのは相手に関心を持って、
違いを楽しむこと
その人を知って受け入れていくこと
何を大切にするか選ぶこと

そう思います

 


人との違い
前はいちいちイライラしてました
自分のやり方がいちばん正しい
自分の見方が絶対
そんな傲慢さから発していたと思います

自分の正しさは自分にあるから、
自分が正しいと思うのはいいんですが
排除は不寛容に陥るだけ
我ながらちっちゃい話だったと思います

 


違いに対して不寛容になると、
発展性が失われていきます
新しい道って、
互いが思いもしないところにあるもの
否定の応酬からは何も生まれません

不寛容は相手への無知と無関心からきます
違いを許せないのは、
その人を知らないから
自分が関心を向けていないからです

ああこの人こんな風に思うんだ
わたしと違うけど、
ぶつかる部分もあるけど、
面白いね
何でそんな風に思うんだろ?

こう思えれば、
不寛容に支配されることはなくなります

 


まあ人ですから、
関心を向ける対象にも限りがあります
誰にも関心を持つなんて不可能だから、
選択があるのはむしろ普通のこと

昨日のエントリーでも書きましたが、
選んだものを大切にするために、
捨てる選択も大切なことです
関心を向けたくないものに、
ムリして関心を向ける必要はありません

捨てたものに無関心になるのは必然です
そこに不寛容にならないようにするには、
『自分の価値と他人の価値は別』
と思うのが楽な方法です
自分の価値の証明のために、
他人が間違いである必要はありませんから

 


不寛容に陥らないように気を付けて
大切にしようと決めた相手に、
関心を向けるようになって

違いって面白いな、
今はそう思うようになりました
違いをそのままに、
相手を「そんな人」と見られるようになった
未来は必ず最良になると知って、
こころに余裕ができたのかもしれません

自分の目とこころが自分のものであるように
他人の目とこころは他人のもの
違いがあるから発展性も広がります

違いが面白いと気付くと、
イライラしていた自分がおかしくなります
そこでますますイライラしなくなって、
違いを楽しめるようになる

 


人は共通する部分もあるけど、
みんな違うものです
その違いをそのままに、
分からないけど想像すること
そしてそれを受け止めること

違いがあるから面白い
そう思う自分を、
選べる余裕を持って生きてゆきたい
そう思うのです

f:id:ichapy:20181210064215j:image

 

 

 

捨てる力でポイポイのポイ

手元にあるものを手放せない
そんな状態は気持ち悪いものです

水は低きに流れる
迷ってなんていないで、
すっぱり捨てちゃえば楽かもしれないよ?
そう思います

 


片付けを進めています
何でこんなに?ってくらい物があって、
ちょっとびっくり

物たちを見て思います
捨てられなかった物はこころの鏡
捨てられない、
手放せないこころそのもの

 


思い返すと、
これはいろんなところに顔を出してました

何となく言えない
思ったことが表現できない
こころにもやがかかったみたいで、
今を楽しめない

こんな状態は、
自分の踏ん切りの悪さが原因でした
選び出すことから逃げていた
選ぶということは、
他の選択肢を捨てることでもあります

捨てることで、
残ったものの価値はより輝きます
捨てることは選んだものを大切にすること
捨てられないのは、
何も大切にしないことにつながっていた
自分を見て思います

 


今はずいぶん楽になりました
どんなことも最良になると分かって、
捨てるのに不安は必要ないって分かったから

もやもやグズグズして気持悪さに気付いたら
とりあえず要らないものがあるサイン

捨てるのは何通りかありますね
ザッと思い付くだけでも、
現実の物を捨てる
こだわってる思いを捨てる
関係を捨てる
やり方を捨てる

現実とこころは密接にリンクしてます
片方が動くと、
もう片方も追いかける
こころから現実が変わるのと同じように、
現実からこころを変えることも可能です

全部を抱えておくこと、
全部を大切にすることはムリなのです
大崎二人会でも教わったけど、
捨てることは悪いことではありません
むしろいいことしかない

こころの余地が出来れば、
新しいものがやってきます
淀んだ場所に新しい空気が必要なように、
こころに風を入れることも大切です

心配は要りません
本当に必要なものは残ります
理由も条件もなく、
ただそこにあることが貴い
そういうものは、
自分が知ってさえいれば消えることはない
自然と大切に出来るからです

そうでないものなんてポイポイで
ポイポイのポイでいいんだなって思います

 


だいぶ身の回りがすっきりしてきました
こころなしか気持ちも軽い
こころが軽くなると足取りも軽くなる
自然と笑顔も出てきます

もちろんそれぞれのやり方と、
それぞれのペースがあることだけど

思い切って捨てるのも気持ちいいものよ?
そう思うのです

f:id:ichapy:20181209001727j:image

 

 

できなくたっていいじゃない

SNSを見ていて
よく目にするメッセージ

縛られる生き方をやめて、
自由に生きることを選ぼう
どんどん動いてどんどん進もう

いいなぁと思います

今まで疑問を持たずにやってきて、
「あ、これもう違う」と感じて
20年以上勤めた会社を辞めると決めたのも、
自分で人生を選べると感じたのが理由だから

わたしはそれがいいから選んだし、
それがいいと信じて進むけど
一面的な発信は危うさもあるな
そう思うことがあります

 


しばらく前、
「指示を出してください」
と言う人と話したことがあります
それは仕事の場でもない、
普通のやり取りの場
自分の行動は自由に選べるのに何で?
そう思ったけど

話を聞いていると、
あまり決めるのが得意ではない
料理をやったらササッと動くから、
得手不得手がはっきりしてるんでしょう

この人にとって、
わたしの話は異次元だったみたい
その人は「そうしなきゃいけないの?」と、
かなり真面目に考え込んでました

メッセージは本来色がありません
どう受け取るか?は、
受け取った側が決めること
だから発信する側があれこれ心配しても、
仕方ないとは思うけど

自由にやること、
何でも自分で選べることは、
場合によって苦痛になることがあります
がんばってもがんばっても難しくて、
それでも周りから足りないと責められる
そんなこともあります

それじゃどうすれば?
考え過ぎて発信を止めるのではなく
「そうじゃなくてもいいんだ」って発信も、
たまにはあっていいのかなって思いました

 


わたしはけっこう長い間、
役に立たなきゃいけない幻想がありました
今でもなくなってはいないでしょう
そんなわたしと同じような、
いびつな自分を意識する人に伝えたいのです

選ぶのはいい
でも選ばなくたっていいのです
経済的なもの
時間的なもの
こころの余裕
その時出来ることには限りがあります

自由な生き方
応援
SNSでの発信
みんながどんなにいいと言っていても、
出来ないことはある

生活に影響が出ることは、
それが良いことでも悪いことでも、
自分にとってはストレスです
満たされていなければ、
消耗につながりかねない
消耗したらそれは絶対に続きません
見返りも欲しくなってしまう

動けないなら動けないでいいと思うのです
動けないことで感じた何か
大切なのはその意味を知ることです

そして気持ちに余裕が生まれたら
感じたことに従って、
思う存分自分を出していけばいいから

 


少しでも出来るようにならなきゃ
みんなの役に立たなきゃ
ちゃんとしなきゃ

本当にそう?
それは自分の思い?

苦手なことはできなくてもいい
役に立たなくたって構わない
苦しんでまでキチンとしなくてもいい

そう思うのです

f:id:ichapy:20181208060941j:image

 

 

 

 

 

詐欺は誰のところにも来るぞ

「自分が標的にされるはずがない」
詐欺はそんな思いを狙ってきます
心配するこころを食い物にする、
悪質な手口

そんなものに傷つけられないように
自分もいつ標的にされるか分からない
悲しいけど警戒も必要なんだって
そう思います

 


しばらく前のこと

母のところに、
わたしから電話があったそうです
「いさおだけど」で始まって、
今から行くと言ったとか

わたしが父の手術の件で群馬に行って、
所沢に帰った直後のこと
母は特に疑問も持たず、
「この間来たのにまた来るの?」
と返したそうです
ここで自称「いさお」は電話を切った

母は何かあったのかと心配したそうです
わたしここ何年も電話はかけてませんが、
何かあって公衆電話からかけて、
途中でお金がなくなったのか?
なんて思ったそうで

言うまでもなく詐欺です
母は頭のいい人だと思うけど、
わたしが突っ込むまで詐欺だと思わなかった
最初の名乗りでわたしと思い込ませ、
心配を利用しようとする手口
ヒドいもんだなと思います

 


心配するこころは更に心配を呼びます
たぶん頭のいい人ほど想像を補強して、
おかしな要素が見えなくなってしまう
まさか自分が詐欺の標的になるなんて
母はそう思っていたでしょう

わたしだって同じ
振り込め詐欺のニュースは見ていました
所沢の街で警察の車が、
注意を呼びかけていたのも見ています
それでも自分と直接関わるとは、
はっきり言って思ってませんでした

たぶんそういう気持ちこそが、
詐欺の狙い目なのだと思います
「自分だって危ないかもしれない」
そういう気持ちを持たないと、
いつ標的にされても不思議はないのかも

後から分かったことだけど
実はこの前後、
いくつか郵便物が届かないことがありました
関係はあるかもしれないし、
ないかもしれない
何とも言えないことだけど、
気持ち悪さを感じます

今回被害が無かったのは、
単に幸運が重なっただけでしょう
わたしが父のことで帰宅せずにいたら?
それだけでも結果は違ったかもしれない
他人事ではない
そういうことなのでしょうね

 


大切な人を思うこころは、
人のあたたかさだと思います
それを守っていくために、
人を疑わないといけない
なんだかやりきれませんが

身近な人を守るために
誰も傷付かないために

自分ももしかしたら
考えなきゃいけないんだって
そう思うのです

f:id:ichapy:20181206072516j:image

 

 

 

 

 

操縦されず生きるために

去年の春の映画『マジンガーZ / INFINITY
冒頭のグレートマジンガーの活躍シーン、
見る機会がありました

『METAL BUILD
 グレートマジンガー特別映像』
 バンダイ公式チャンネル
 https://youtu.be/ixhXRrij8xk

f:id:ichapy:20181205080746j:image

『METAL BUILD グレートマジンガー特別映像』より

 

わたしはグレートよりZが好きだけど、
やっぱりグレート強い強い
サンダーブレーク!
ブレストバーン!
グレートタイフーン!
今の技術で見せられる大技は圧巻です

ロボットと国の関わりも描かれていて、
グレートマジンガーは軍所属
承認が下りないと武器の使用が出来ません
(グレートブースター見たかった. . . )
光子力プラントを守る必要があるから、
ということみたいだけど

承認とか許可とか
お話でも現実でもめんどくさいな
数分間の動画だったけど、
そんなこと考えたのでした

 


f:id:ichapy:20181205081204j:image

『METAL BUILD グレートマジンガー特別映像』より

 

承認と許可
支配と被支配
こういう関係は思いのほか多いです

他人を思い通りにしたい人
考えを放棄して支配されることに慣れた人
支配されていると見せかけて相手を操る人
支配しているようで実は相手に依存する人

軍隊みたいな組織では、
混乱は全体を危険にさらします
こういう場所では指揮系統も大切
グレートの例はここに当てはまるでしょう

学校や会社もそんなところがありますね
学校の訳の分からない校則は、
理不尽な管理社会に出る訓練
そんな側面が少なからずあります

こういう特殊な例を除けば、
判断は自分が下すものです
誰かの許可を得なきゃいけないとか、
顔色をうかがわないといけないとか、
そんなことはありません

 


これがおかしくなるのって、
長く支配されることに慣れた時でしょう
支配されるのは楽なのです
自分の価値を落としてガマンすれば、
考えることを放棄できるから

人に上下はありません
みなが並び立つもので、
それぞれの意思に価値がある
だから自分の行動決定は、
自分の意思に基づいたものになるのです

例えば誰かとの関係を大切にしたくて、
自分の行動と向き合う時
基本的に人はどんな行動もとることができる
ただある種の行動は、
大切な人のこころを傷付けるでしょう
ここでその行動を止めるのは自分であって、
他の誰かではありません

誰かが言ったからやる
誰かが言ったから止める
それじゃまるで『涙を流さないマシン』
操縦されているのと変わりませんよね

 


支配の構図はいろんな顔しています
こちらの言うことを聞いているようで、
巧みにこちらを支配するものもある
そういう状態に陥らないためには、

「行動は全て自分の決定による」
「行動の結果は全て自分に返る」

これを意識するといいでしょう

自分の選択でとった行動の結果は、
誰かのせいにはできません
本来行動と結果はこういうものだと思うけど
何かのせいにして生きる人は驚くほど多い

アイヒマンの例を見るまでもなく、
命令や指示だからといって、
結果が自分に返らないことはありません
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アドルフ・アイヒマン

 


f:id:ichapy:20181205081010j:image

『METAL BUILD グレートマジンガー特別映像』より

 

マジンガーZグレートマジンガーは、
操縦者という頭脳を得たことで、
神の如き力を発揮できるようになりました
人の頭脳は自分の頭の中
誰かの中に有るものではありません

誰かに操縦されるロボットではない、
自分の人生を生きるために
行動は全て自分で決めること
そうしているのは自分なんだと知ること

大切なんだって思うのです

 

 

 

肯定の輪を回すために必要なこと

自分の中
極端だなって思うことがあります
不寛容で攻撃的な部分
細かいことにこだわらない部分

前は人によって自分が変わってました
経験や先入観
相手がこちらに触れる部分
そんなことから、
いろんな自分を出していた

自分のあり方を選ぶことを知って、
世界は変わりました
振り返ってみて、
思うことです

 


誰かとぶつかる時
いちいち言うことにイラついて、
悲しみの応酬をしている状態です
否定的なイメージが積み重なるわけで、
上手くいくはずもありません

上手くいっている時は逆
肯定的なイメージが積み重なる
相手の言うことを好意的に解釈するから、
自然と理解も深まる
上手くいくわけです

前は全然ダメだったのに、
今はすごく上手くいっている関係があります
そういう人とは何が変わったのか?
考えてみて、
共通する転機があることに気付きました

 


人とぶつかる時って、
悪循環の輪が回っています
お互いが維持し続けているから、
抜け出すのが難しい
よくない形での安定状態です

否定的な見方が定着してしまうと、
相手の行動は全て、
否定のフィルターを通ります
本当は色のない言動
もしかしたら好意的な言動
全て否定で色付けされてしまう

そんなつもりもないのに責められたり、
相手を思ってしたことが責められたら?
悲しいですよね
たいがいこれは『怒り』の顔になります
もうこうなったら悪循環に拍車がかかるだけ
怒りのぶつけ合いです

この状態は、
全て『他人のせい』で成り立っています
コイツがこう言った
コイツがこんなことした
自分の行動決定を他人に委ねた状態
おかしな話です

 


関係が変化した時って、
意図してこの輪を崩した時
悲しい安定に気付き、
先入観を捨てる選択をした時です

人と人をつなぐのは、
思いやりと素直なこころだと思います

短い人生、
目の前の人に喜びをあげるのか?
悲しみを残すのか?
『相手の人生にどんな贈り物をあげるか?』
と言い換えることもできますね
一瞬一瞬が全て、
目の前の人への贈り物なら?

考えてみれば、
選ぶのは難しいことじゃない
それを難しくしているのは、
自分のちっぽけなプライドと恐怖です

恐怖やプライドに隠れることを止めて、
自分の痛みを伝えた時
相手を責めるのではなく、
自分がこう感じていて悲しい
こうできると嬉しい
そんなことを伝えた時
わたしの否定の輪は崩れました

 


もちろんこういうやり方が、
いつも上手くいくとは限りませんが
みんな悲しいことなんて嫌だから、
続けたくないのが本音
けっこう上手くいくことが多いです

きっかけさえあれば、
肯定の輪を回すことは可能です
その鍵は誰の手にもあって、
選びさえすればすぐにでも使えるもの

プライドに支配されて、
相手を決めつけ続けるか?
フィルターを捨てて、
素直に相手と向かい合うか?

違いはちっぽけなものなんだって、
そう思うのです

f:id:ichapy:20181204065220j:image