読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私はわたし、他の誰でもないということ

揺るがない中心としての私を意識するようになって、
人に流されることはなくなりました
 
私は男性、女性どちらの意識も希薄で、
お兄ちゃん、
お姉ちゃん、
どう呼ばれても違和感がありました
 
呼ぶ側の都合もあるでしょうけど、
ズレを感じるのは仕方ない
中性を選んでることには、
こんな落ち着かなさも付きまといます
 
それでも今は、
呼びたいように呼んでもらってます
ある時から、
けっこう何でもいいやってなった
 
考えてみるとそれは、
「私はわたし」に落ち着いたから
私の中に中心点があって、
それが全ての源
自分軸って言われることも多いけど、
私の意識の中では点です
周りがどう動いても関係のない、点
 
居場所を固定すればするほど、
起きることに対応しにくくなる
自らの旗を掲げることには意味があるけど、
動きは自由な方がいい
鳥籠や鎖は、
自分で作ったものも必要ない
そう思っています
 
 
f:id:ichapy:20161218182503j:image