読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飢えに操られると要らないものを掴むことになる

無いものにばかり目を向けていると、
決して満たされない飢えに憑りつかれます
飢餓感を煽るのは人を操るよい方法
必要ないものを掴まないためにも、
飢えは切り離す必要があります

ここで掴まないとチャンスを逃してしまうのではないか?
飢えに操られると、
結果を急がないといけないような気になります
「限定」「残り~点」「~日まで」
こんな言葉は分かりやすいですよね

外から満たされることに評価の基準を置いてるから、
いつも不安で心に余裕がない
手に入れてみると要らないものばかり、
そんな結果が待っている

これは物に限りません
自分を傷つける人間関係やギャンブルのような、
何かに依存してしまう心も根は同じ
本当に価値あるものを見失っているから起きることです

飢えの根っこにあるものは何でしょう?
私の場合は、
心に感じていた虚ろな穴
「不完全な自分」という思いでした

人は何かが欠けた存在ではありません
最初から完全で、
存在そのものに最高の価値があります
埋めなければいけない穴なんて、
最初からない
ここに気付くようになって、
飢えが治まっていくのが分かりました

あなたがただここにいること
人を思いやる優しさ
くぐり抜けてきた経験
そこで感じた喜びや悲しみ

これは何よりも輝く宝物です
自分がもう持っているもののこと、
見てあげてください
飢えは消えて行くはずです