読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉への違和感が教えてくれること

人から伝えられること
内容は変わっていないのに、
何か違和感を覚える時
それはあなたがその人を卒業する合図です
 
今まで共感できたのに
同じことを言っているのに
 
それは何かが間違っているのではなく、
あなたがメッセージの対象ではなくなったということ
 
歩みは人それぞれですね
転んだばかりで立ち上がるのが難しい人
立ち上がって周りを見回す余裕のできた人
恐る恐る歩き始めた人
走ることを思い出した人
みんな懸命にその時を生きて、
未来へ進んでいる
 
歩み続ける人にとって、
周りの景色は変化していくもの
歩く場所が変われば、
求めるものも変わる
声が届かなくなることもある
 
誰に何を伝えたいかによって、
人は伝え方を選びます
伝えられる言葉に力がなくなったと感じるのなら、
あなたにその言葉はもう必要ないのです
 
進みましょう
道は続いています