読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私たちは星の輝きを隠している

私たちの身体は、
夜空の星々と同じものでできています
比喩でもなんでもなく、
同じ輝きをこの身に隠しているのです
 
人は星の子
そう聞いたことがあります
美しい例えだな
そう思っていたけど、
もっと現実的な意味があるって教わりました
 
この世界に存在する物質は全て、
燃えさかる星の中や、
星の命の尽きるとき、
大爆発の果てに生まれたものなんだそうです
私たちの身体を作る炭素も、
呼吸する酸素も
いろんな金属元素も何もかも
質量保存の法則もありますし、
理系の人からすると当たり前のお話なんでしょうか?
 
宇宙望遠鏡が撮影する遠い星空
私は大好きです
カリーナ星雲なんて美しいですねー

f:id:ichapy:20170210233846j:image
赤が窒素
緑が水素
青が酸素
 
ガスが分かるように着色しているそうですが、
それでも息をのむほど美しいと感じます
 
星々は私たちの創造主
その輝きも、
誰かの目に私たちがどう見えるのか?ということを思い出させます
何も見いだせない人もいれば、
美しさに息をのむ人もいる
力が強くて明るく輝く恒星
その周りを巡る惑星
たまに行き過ぎる彗星
流れて消える流星
全てを飲み込もうとするブラックホール
 
もちろん構成する物質が同じだからといって、
同じものになるわけじゃありません
それでもいろんな可能性の中から、
今の私たちが存在している
これって気の遠くなるくらいの奇跡の連続なのだなと思います
 
星々の時間からしたら私たちの時間は瞬く間だと思うけど、
同じ可能性を身の内に宿して、
世界とつながった存在としてここにいる
それだけでもすてきだなーと感じるのです

 

* イータカリーナ星雲の写真は、パブリックドメイン著作権フリーのものを使用しました

http://img01.gahag.net/201511/16o/gahag-0026257050.jpg