読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒りや悲しみはその人を知らせてくれる

悲しみの影には愛
怒りの影には悲しみや恐れ
怒りも悲しみも、
それ自体で存在することはありません
何かに呼び覚まされて表れるものです
 
 
怒りや悲しみに支配されると、
周りが見えなくなります
そんなときは、
当の本人も周りも、
どうしていいか分からない
お互い空回りしている状態に陥ります
 
わたしは怒りや悲しみがよくないとは思いません
どちらも難しい感情だけど、
大切なこころの求め
影にある思いに気付くことが出来れば、
空回りは回避できるからです
 
愛のないものに、
悲しみは感じません
悲しみや恐れがなければ、
怒りもない
 
目の前の人
あなたのこころ
感じる悲しみや怒りの中心にあるのは、
どんなものでしょう?
圧倒的に見えることの影では、
本当の気持ちが声を上げているはず
 
耳を傾けてみて下さい