読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独ノススメ

現代では孤独が悪く言われること、
多くなりました
SNSで重視されるつながりも、
1人は悪いことのように感じさせます
 
でも本当に、
良くないことなんでしょうか?
孤独は自分と向き合える聖域
仲間の大切さを教えてくれるもの
わたしはそう考えています
 
 
社会で人と交わることは、
外から見た自分を教えてくれます
自分だけでは気付かない強さや、
困りごとの解決から見える他人との関係も、
社会の中の自分を教えてくれる
ここでは人とのつながりが、
大切な意味を持ちます
 
でも人の持つ側面は、
社会的なものばかりではありません
社会との交わりが増えれば増えるほど、
自分という個を確かなものにするために、
独りの時間が大切になります
誰にもじゃまされず、
自分の内面と向き合う時間
それは1人でなければならないでしょう
 
 
人を支えるためにも、
1人であることは大切です
誰かと共にあることは心強いもの
人は支え合うことで、
つらいことも乗り越える力があります
 
でもいつか1人で立たなければ、
共倒れになる可能性が高い
支え合うことは、
もたれ合うこととは違います
 
ひとりひとり出来ることは違います
出来ないことは出来ないでいいけど、
出来ることまで投げてはいけない
ここでも1人であることの力が試されます
 
こうして自分自身を見つめ、
この世に1人在ることを受け入れたとき、
周りにいてくれる人の大切さは輝きます
 
誰かがそこにいてくれるのは、
当たり前ではないのです
1人歩くことの大変さを知るからこそ、
それを置いてもそばにいてくれることが、
大きなものと分かるのです
 
 
孤独であるって、
こんなことだと思うのです
1人を生きる力は、
誰かと生きる力も上げてくれる
 
1人で生きてみましょう