読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名付けると意味が見えてくる

普段からあって当たり前に思うことにこそ、
大切なものが隠れています
それは名付けられ、
存在を許されることで、
世界を変えるかもしれません

名無きものは、
存在しないのと同じです
どんなことも、
名付けられてこの世に存在を許されます
人も、
思いも

誰も明日の朝日を見られる保証はありません
災害、
事故、
犯罪、
やってくる突然の死

死ななかったとしても、
別れは突然です
そばにいる人に会えるのは、
今日が最後かもしれない

今あなたのそばにある関係は、
どんなものですか?
何でもないと思っていることの本質は?
全てを失ってから理解しても、
時は戻りません
想像してみて下さい

もし今身の周りにある関係を失ったとしたら?
もう二度と会えなくなるのだとしたら?
今あなたが投げつけた言葉が、
今生の別れの言葉だとしたら

そこで感じる痛みは関係の本質を教えてくれます

当たり前は当たり前じゃない
隣にいる人との関係に名前を付けて、
考えてみて下さい
必要なこと、
不必要なこと
大切にしなければならないのは何なのか?
答えはシンプルに出てくると思います