読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空腹感だって楽しいものよ

体重に気をつけた生活を始めると、
食べ物や食べ方、
空腹感との向き合い方、
意識するようになります
食べ方はその人の表れ
空腹感は生きている実感
身体の声とうまく付き合えば、
毎日に向ける気持ちを変えることが出来ます
 
 
お友達との付き合いとか、
食べる機会に遠慮するの面白くないですよね
 
連日いっぱい食べなければ、
身体は一定の状態を保とうとするから、
それほど体重は増えません
 
空腹感がなかったら、
水分をしっかりとって食べなくていい
本当にお腹が空いたら食べる
これを守っていれば、
過剰摂取にはなりません
 
いつもいっぱい食べていると、
習慣で食べたくなります
自分で問題だなぁと思うのは、
こういう習慣からくる空腹感
 
ここはグッとこらえて、
乗り切ってみましょう
慣れてしまえば、
さほど気にならなくなるはず
 
 
年齢にもよりますが、
ゆっくり食べると、
食べる量はそれほど必要ないことが分かります
日本酒と和食で過ごすときは、
一つ一つの味わいが柔らかいから、
ゆっくり少しずつ楽しむのが好き
 
イタリアンとか中華みたいに、
みんなでワイワイ食べるときは、
いっぱい食べて楽しみます
お酒だけだとすぐ酔っちゃうから、
食べものはしっかり欲しいですかね
 
 
食べ方も食べる量も、
それぞれの生活スタイル
何かが正しいわけじゃありません
 
一緒に食事してくれる人を楽しませるのがエチケット
それ以外で気を使っても楽しくないから、
スタイルの合う人と食事するのがいいかなーと思います
 
 
空腹感は生きているから感じるもの
満腹して満たされた気持ちも、
空腹感があってこそ
みんな分かりやすい身体の声です
なかなか身体の声って聞こえにくいけど、
空腹感を意識していると、
他の声も聞こえてきます
 
人生の幕引きまで歩む相棒の声
何を言ってるか聞こえますか?
 
f:id:ichapy:20170416083016j:image